日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

体制移行諸国における地方制度に関する調査研究報告書

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


第96条 グミナ評議会が繰り返し憲法や法律に違反した場合、セイム<国会下院>は首相の提案により、グミナ評議会の解散を決議することができる。グミナ評議会の解散は、同時に他の全てのグミナ機関の解散を伴う。首相は同時に、次の選挙までグミナ機関の機能を遂行する者を指名する。

<2> グミナ幹部会が繰り返し憲法ないし法律に違反した場合、県知事は必要な手段の適用に関してグミナ評議会を招集することができる。この招集が功を奏しない場合、県知事はセイミクの提案によりグミナ幹部会を解散することができる。セイミクは定数の半数以上が出席した会議で、その過半数の賛成によりこの提案を遂行することができる。新しい幹部会の選出まで幹部会、あるいはグミナの長ないし市長の機能は、セイミクの執行部が任命した者がこれを遂行する。

第97条 グミナの組織により長期間にわたり実質的に公務が遂行されず、かつ早急な事態改善の望みがない場合においては、首相はグミナの組織を一時機能停止し、2年の範囲内で幹部委員会を設置することができる。ただし、新しい選挙で選ばれた次の評議会により、新しい幹部会が選出された後は、その権限を行使することができない。

<2> 幹部委員会の設置は、事前にグミナ組織に対して告訴され、グミナの状況改善のための計画を早急に提示する命令が出た後、セイミクの勧告を受けてこれを行う。

<3> 幹部委員会は、県知事の提案により、セイミクの勧告を受けて首相がこれを任命する。

<4> 幹部委員会は、グミナ組織の事務と権限を代理する。

第98条 グミナに関する監督機関の決定、もしくは第89条が規定する決定については、その発効の日から30日以内であれば、法律への違反を理由とした行政裁判所への提訴の対象とする。

<2> 前項の規定は、自治体の連合体や自治体間の協定に関する決定にも適用する。

<3> グミナ及び自治体の連合体は、その法的利益ないし権限が侵害された場合、告訴を行うことができる。グミナ組織の決定は、訴訟の理由となりえる。

<4> 第1項、第2項に規定する問題に関する訴訟には、公共行政領域の個別の問題に関する決定の行政裁判所への提訴に関する法律の規定を適用する。

<5> 監督に関する決定は提訴がなされている期間、もしくは裁判所が提訴を棄却ないし却下した日から、法的効力を有する。

第99条首相はセイミクに対する監督機関とする。ただし、予算関連については、地域の決算局が監督機関となる。

1a.グミナに対する監督の規定は、自治体の連合体や協定についても適用する。

<2> 県境を越えて行われる自治体連合会の設置や協定締結について、当該の連合体や協定が首相により権限を付与されている場合を除いて、監督機関は自らの権限領域となる地域に関して、ないし当該の連合体や協定の本拠が存在する地域の監督機関の仲介を経て、その活動を行う。

第100条 ここまでの規定で示された裁判所への提訴は、裁判料の支払いを要しない。

第101条 公共事務の領域に関する問題でグミナ機関によってなされた決定により、法的権利ないし権限を侵害されたものは誰でも、その侵害を回復する行政命令が効力を生じなかった場合、行政裁判所に対して提訴することができる。

<2> 前項の規定は、すでに裁判所が判決をなした決定や、提訴が棄却された決定に関しては適用されない。

<3> 侵害を回復する命令に関しては、行政訴訟の期間の経過に関する法律を適用する。

<4> 第1項に規定する事項に関しては、第94条の規定を適用する。

第101a条 第101条の規定は、グミナ機関が法の要求する事務を実施しなかった場合や、法的ないし事実上の事務の遂行が第三者の権利を侵害した場合にも適用する。

<2> 前項に規定する場合において、行政裁判所は監督機関に対して、グミナに費用と危険とを負担させることで、苦情の出された問題に対して必要な事務を行うことを指示することができる。

<2>a.第1項に規定する決定に関する提訴について、個人の名前で、もしくは書面での承認を得た上でグミナ住民のグループの代表として、これを行政裁判所に対して提訴することができる。

第102条 本章の規定は、個別の公共事務の領域に関する決定で、グミナ機関ないしその連合体、あるいはセイミクの執行部によって無効とされた決定については、適用されない。この問題に関する第一段階による管理、上位段階による監督、もしくは裁判所により執行される管理については、個別の法令により規定する。

 

第11章 終章

第103条 本法は第5条第4項、及び第17条を例外として、地方自治法施行規則に規定する期間、ないし原則により、効力を有する。

(翻訳:仙石学/西南学院大学法学部講師)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
881位
(31,553成果物中)

成果物アクセス数
11,058

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月16日

関連する他の成果物

1.外海小型離島における地域資源の活用による産業立地の可能性と雇用機会の拡大に関する調査研究報告書
2.交通要衝地域における産業誘致等による地域発展策に関する調査研究報告書
3.北関東観光・文化ゾーンにおける拠点開発・整備に関する調査研究報告書
4.都市機能の集積等による地方中核都市の均衡ある発展に関する調査研究報告書
5.行政区域をこえた連携による地域振興策と新たな交流圏の設定に関する調査研究報告書(駿河路・甲斐路広域交流可能性調査)
6.地域資源や自然環境の活用による農山村地域の振興に関する調査研究報告書
7.内海離島の特性を踏まえた住環境の総合的整備に関する調査研究報告書
8.大規模プロジェクトの波及効果を活用した地域振興策の具体化に関する調査研究報告書
9.新しい時代における行財政運営システムに関する調査研究報告書
10.首都機能移転と行財政のあり方に関する調査研究報告書
11.「地方自治に関する調査研究」の報告書
12.防災用資器材等の整備事業
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から