日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

大規模プロジェクトの波及効果を活用した地域振興策の具体化に関する調査研究報告書

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


序調査研究の概要


 

1 調査研究の背景と目的

 (1)調査研究の背景

 本調査研究の対象地である大府市は、市域北西部を横断する第二東名自動車道(以下「第二東名」)の建設及び知多半島常滑沖での中部新国際空港の整備、あいち億康の森の建設など、今後21世紀の初頭に向け大規模プロジェクトの影響が予想される典型的なアクションエリアとして位置づけられる。
 それゆえ、将来の地域形成への取り組みにおいては、その波及効果を最大限に活用した地域の活性化、あるいは調和のとれた活力みなぎる快適なまちづくりを進めるための具体的方針・方策の確立が不可欠であると考えられる。
 

(2)調査研究の目的

 このような背景から、本調査研究では市域北西部を横断する第二束名の大府インターチェンジ(仮称、以下「大府IC」)の整備を取り上げ、中部新国際空港などを含む大規模プロジェクトの効果を活用した地域振興策の具体化に関する調査研究をおこなうものである。
 より具体的にはインターチェンジ周辺地域を含めた整備の基本的方向を検討する中で、市域全体としての調和のとれた都市機能の配置や、地域の環境特性を生かした一体的な周辺施設の整備及びその活用方策を検討することとする。
 

2 調査研究の基本方針

 大府IC建設予定地の立地条件上の特色は次の4点に要約される。
 @広域的には名古屋市に隣接し、名古屋中心部まで10数km圏、東京から2時間20分の仕口にある。名古屋への通勤圏にあるとともに中京圏から首都圏、阪神圏へと向かう国土第一軸上に位置する。
 A大府ICは第二東名と名古屋褒状2号線との接合点に位置するとともに、知多半島道路への結節点でもあり、広域の流通構造の中でも拠点性の高い地域に位置づけられる。
 B知多半島の付け根にあって、中部新国際空港へのアクセス交通の拠点であるため、空港関連プロジェクトの中でも重要な役割を担っている。
 C大府市の北西端に位置し、JR共和駅を中心とした市街地からも比較的近く、
 
 

前ページ    目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,683位
(32,572成果物中)

成果物アクセス数
5,285

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月26日

関連する他の成果物

1.体制移行諸国における地方制度に関する調査研究報告書
2.外海小型離島における地域資源の活用による産業立地の可能性と雇用機会の拡大に関する調査研究報告書
3.交通要衝地域における産業誘致等による地域発展策に関する調査研究報告書
4.北関東観光・文化ゾーンにおける拠点開発・整備に関する調査研究報告書
5.都市機能の集積等による地方中核都市の均衡ある発展に関する調査研究報告書
6.行政区域をこえた連携による地域振興策と新たな交流圏の設定に関する調査研究報告書(駿河路・甲斐路広域交流可能性調査)
7.地域資源や自然環境の活用による農山村地域の振興に関する調査研究報告書
8.内海離島の特性を踏まえた住環境の総合的整備に関する調査研究報告書
9.新しい時代における行財政運営システムに関する調査研究報告書
10.首都機能移転と行財政のあり方に関する調査研究報告書
11.「地方自治に関する調査研究」の報告書
12.防災用資器材等の整備事業
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から