日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

交通要衝地域における産業誘致等による地域発展策に関する調査研究報告書

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


序 調査研究の目的と方法

1.調査研究の目的

幸田町の南部を通過する名豊道路は、名古屋市と豊橋市を結ぶ延長約70qの大規模バイパスであり、 将来は第二東名、三遠南信自動車道、伊勢湾口道路などと一体となって広域交通を担う重要な路線 である。本地域においては名豊道路のインターチェンジが3ヶ所で計画されており、円滑な広域交通の 処理や地域の活性化に寄与するものである。さらに、伊勢湾東岸の知多半島に中部新国際空港が 平成17年に開港される予定であり、これが実現することによって名豊道路の交通需要は一層高まる ものと考えられる。
 このような状況を踏まえ、交通要衝地域としての幸田町の産業振興とまちづくりに寄与する新たな 業務機能を明らかにし、すでに都市計画マスタープランにおいて、名豊道路沿いに配置されている 流通業務地区について、その実現性を確認し実現化に向けた検討を行う。
 このため、本調査では、以下のような柱をたてて調査研究を実施する。

(1) 幸田町に求められている流通機能とその構成

 都市計画マスタープランでは、名豊道路IC周辺は流通業務地に位置づけられていることから これを前提とするが、具体的にどのような流通業務施設が適切であるかについてはまだ明らかに されていない。したがって、各IC周辺(仮称:須美IC、桐山IC、芦谷ICの3ヶ所)に計画する 流通業務機能またはそれに代わる機能の具体化が必要である。

(2) 流通業務機能の配置と法規制の検討

 名豊道路は幸田町を東西に貫き、主に森林や農地を通ることになる。このため、計画されている ICの周辺の土地利用については、都市計画法をはじめ、農業振興地域の整備に関する法律、 森林法などの規制をどのようにクリアーできるのか検討する必要がある。あわせて流通機能を 導入するために必要となる事業手法の整理を行う。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,941位
(32,572成果物中)

成果物アクセス数
4,372

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月26日

関連する他の成果物

1.体制移行諸国における地方制度に関する調査研究報告書
2.外海小型離島における地域資源の活用による産業立地の可能性と雇用機会の拡大に関する調査研究報告書
3.北関東観光・文化ゾーンにおける拠点開発・整備に関する調査研究報告書
4.都市機能の集積等による地方中核都市の均衡ある発展に関する調査研究報告書
5.行政区域をこえた連携による地域振興策と新たな交流圏の設定に関する調査研究報告書(駿河路・甲斐路広域交流可能性調査)
6.地域資源や自然環境の活用による農山村地域の振興に関する調査研究報告書
7.内海離島の特性を踏まえた住環境の総合的整備に関する調査研究報告書
8.大規模プロジェクトの波及効果を活用した地域振興策の具体化に関する調査研究報告書
9.新しい時代における行財政運営システムに関する調査研究報告書
10.首都機能移転と行財政のあり方に関する調査研究報告書
11.「地方自治に関する調査研究」の報告書
12.防災用資器材等の整備事業
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から