日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

外海小型離島における地域資源の活用による産業立地の可能性と雇用機会の拡大に関する調査研究報告書

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


第3章 産業市場の分析


1消費者二一ズの動向
(1)消費者二一ズの一般的動向
ア本物、個性化、差別化志向の定着

 戦後の物不足から生活必需品の充足、高度経済成長期の耐久消費財の獲得、あり余る物の時代と使い捨て、貧沢といった流れのなかで、消費者二一ズは多様化・高度化し、近年では「物はなれ」、「本物志向」(本物のなかで自分の気に入った物が欲しい)、「差別化志向」(気に入ったもので他人のもたないものが欲しい)を深めているといわれる。言葉をかえれば「こだわり」、「生活提案・主張」などのコンセプトが求められているといえる。

イ求められる伝統性、懐旧性、風土性

 消費者は商品に「伝統性(銘柄ブランド)」、「人格性(個人ブランド)」、「懐旧性(ふるさとブランド)」、「風土性(地域ブランド)」を求めている。
 「伝統性」とは時間の磨いた信頼性、「人格性」は特定生産者への信頼性、「懐旧性」はふるさとへの指向性、「風土性」は異なる地域風土が生み出す新鮮さ、新奇さである。また、「製作者(地域)の顔がみえる」「実名性」という事も大事な点となっている。
 業界では、近年、「和・エスニック」・「地」・「手」・「生」・「彩」が売れ筋商品といわれ一、てきた。「和」は和風のもの、「地」は地場もの、「手」は手づくりもの、「生」は活きがよい、天然もの、「彩」は彩りがよい、色に味わいのあるもの、を指す。また、「和」の対局として「エスニック」も一つの売れ筋を成し、これらを含めて先の志向に対応する。
 また、これらの消費者二一ズの変化は、当然ライフスタイノレの変化のなかで生み出される志向で、「ゆとり」・「潤い」・「楽しさ」・「質の充実」などの追求とあいまって変化する。このなかで、特に、D.I.Y(Do It Yourself)の進展、観光・リゾートライフの充実、国際的な視野での交流の活発化、環境志向をもった文化性豊かな生活に留意した商品開発や提供方式がポイントとなっている(図表24、25参照)。

(2)特産品の対象消費者別対応ポイント

 特産品の主たる消費者動向は大きく地域市場、都市市場、観光土産品市場の三つで捉えられ、それぞれの二一ズポイントは図表26のとおりである。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,293位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
7,536

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.体制移行諸国における地方制度に関する調査研究報告書
2.交通要衝地域における産業誘致等による地域発展策に関する調査研究報告書
3.北関東観光・文化ゾーンにおける拠点開発・整備に関する調査研究報告書
4.都市機能の集積等による地方中核都市の均衡ある発展に関する調査研究報告書
5.行政区域をこえた連携による地域振興策と新たな交流圏の設定に関する調査研究報告書(駿河路・甲斐路広域交流可能性調査)
6.地域資源や自然環境の活用による農山村地域の振興に関する調査研究報告書
7.内海離島の特性を踏まえた住環境の総合的整備に関する調査研究報告書
8.大規模プロジェクトの波及効果を活用した地域振興策の具体化に関する調査研究報告書
9.新しい時代における行財政運営システムに関する調査研究報告書
10.首都機能移転と行財政のあり方に関する調査研究報告書
11.「地方自治に関する調査研究」の報告書
12.防災用資器材等の整備事業
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から