日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

輸送ニーズの変化に伴う九州の内航海運のあり方並びに活性化策に関する調査研究報告書

 事業名 九州圏における海運の振興と近代化に関する研究
 団体名 九州運輸振興センター  


第3章九州経済圏における貨物流動の実態

 九州・山口地域の貨物流動の実態については、「貨物地域流動調査」、「内航船舶輸送統計年報」などの雌存続;十資料をもとに把握する。

  3−1九州・山口地域における貨物流動の実態

  (1)わが国の輸送機関別輸送量

 わが国の国内輸送量は94年度には約66億トン、トンキロでは5,445億トンキロである。過去の推移をみると、91年度の70億トンから減少に転じ、93年度には65億トンヘと6.8%減であるが、94年度には若干上向いている。トンキロベースでみても91年度の5,599億トンキロから93年度には5,357億トンキロヘと4.3%の減少となっており、94年度に若干増加に反転したものの、88年度頃から急拡大した影響が後を引いている状況にある。
 内航海運についてみても、わが国の輸送量は91年度の64千万トンをピークに減少に転じ93年度には61千万トンまで低下したが、94年度には91年度水準まで回復している。また、トンキロベースでは91年度の2,482億トンキロから93年度には2,335億トンキロに低下し、94年度に2,385億トンキロと微増したに過ぎない。
 94年度の輸送機関比率をみると、トンベース、トンキロベースでそれぞれ、自動車が89,5%、51.5%、内航海運が9.7%、43.8%、鉄道が0.8%、4.5%、航空が0.0%、0.2%である。トンキロベースでみると、内航海運は自動車に次ぐ重要な輸送機関である。

 

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,691位
(31,497成果物中)

成果物アクセス数
5,001

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月12日

関連する他の成果物

1.九州・山口の港湾における物流機能の充実に関する調査研究報告書
2.熊本県下の主要港湾における海上輸送の整備に関する調査研究?中間報告?
3.「九州圏における海運の振興と近代化に関する研究」の報告書
4.海運振興関連施設
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から