日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

九州・山口の港湾における物流機能の充実に関する調査研究報告書

 事業名 九州圏における海運の振興と近代化に関する研究
 団体名 九州運輸振興センター  


 ■テーマ別まとめ
 

(1)香港港の位置づけ   

 香港のターミナル運営は民間ターミナル運営会社に完全に任されており、自由競争によって、港湾運営は徹底的に合理化されると考えられている。なお、ターミナル運営会社の新規参入に対しての制約はない。
 想定される背後圏は中国南部(広東省、福建省など5つの省)である。これらの地域と香港の間は、フィーダー船、トラック、鉄道によって輸送されている。
  香港に近接する広東省の塩田港は、鉄道、道路、税関、乙仲といったインフラや港湾サービスがまだ不十分であり、香港の優位性を脅かすほどのものではない。中国南部では香港の設備、インフラが最も充実している。

(2)運営形態(官民の役割分担)  

 香港政庁は土地の使用権を与えるほかは、不干渉の姿勢を一貫している。港湾計画については、「港湾開発委員会(PortDeveIopmentBoard)」(メンバーは香港政庁、民間コンテナターミナル運営会社、乙神業者、船社、中国当局、中国船社等)において、協議される。
 港湾整備はターミナル会社が共同出資により行うが、ターミナル会社間の利害調整は難しい。

(3)港湾別テーマ  

<バースの優先使用>
  船社のバース利用の優先権は、ターミナル運営会社への投資額やコンテナ取扱量が多いほど高まる。
  各種料金はターミナル運営会社と船社との間で個別に設定され、取扱量に応じた優遇措置なども個別に決められている。なお、香港政庁はポートサービス、船籍証明の料金のみを徴収している。

<用地不足への対応>
 コンテナターミナルでは、全ての貨物を処理しきれないため、香港全取扱量の1/4程度(1995)のコンテナがコンテナ積卸しが可能なクレーンを装備したパージによる海上荷役によって取り扱われている。
  HITのコンテナヤードでは6段積みに対応したトランスファークレーンが開発され、導入されている。
  また、空コンテナ置き場は内陸部(ターミナル外)に分散しており、建設用のタワークレーンを用いて10段積みで保管されているところもある。
  CFSも高層化が進んでおり、HITのCFSがある香港国際流通センターは10階建て、MTLターミナル敷地内にあるCFS機能を持った倉庫は12階建て(延べ109,433ポ)である。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,657位
(31,548成果物中)

成果物アクセス数
5,175

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月9日

関連する他の成果物

1.輸送ニーズの変化に伴う九州の内航海運のあり方並びに活性化策に関する調査研究報告書
2.熊本県下の主要港湾における海上輸送の整備に関する調査研究?中間報告?
3.「九州圏における海運の振興と近代化に関する研究」の報告書
4.海運振興関連施設
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から