日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

インターネットの有効活用の調査研究

 事業名 地方行政情報処理技術の研究指導
 団体名 地方自治情報センター 注目度注目度5


 

1−2コミュニケーション手段として活用する際の特徴
(1)随時、迅速なコミュニケーションが求められる
前述の「情報発信手段としての活用」と比較すると「コミュニケーション手段としての活用」は、ホームページのコンセプトの企画やデザイン的に優れたホームページを大量に制作するなどの作業はない。しかし、時間の制約がないため、随時、迅速なコミュニケーションが求められる。地方公共団体としてはタイムリーに対応できる体制を整備する必要がある。
(2)やり取りする情報の内容に留意する
コミュニケーションにおいてやり取りする情報の内容は、インターネットに係るセキュリティの現状を考慮して、機密性が高い情報でないことが重要である。
(3)利用者に偏りがある
現在、インターネットの利用者には、年齢、職業、性別等において大きな偏りがある。地方公共団体がインターネットを利用して住民とのコミュニケーションを積極的に取り組んでいく際には、このことに留意する必要がある。
(4)全国、全世界の人とコミュニケーションができる
全国・全世界の人とのコミュニケーションを行うことも可能である。例えば、「当該地域における産業振興のためのアイディア」のようなテーマを設定して行った場合、海外のインターネット利用者からは「海外企業が当該地域に進出する際の諸条件」等について聞かれるかもしれない。また、国内の大都市圏に居住しているインターネット利用者からは「都市生活者が観光目的で当該地域を訪れる際のキーポイント」等について情報交換をすることも可能である。こうした情報交換の進展により、やがて「モノ」の流通(商取引)に発展したりして、結果として地域経済の活性化と住民の生活の向上に結び付くことも考えられる。
(5)住民の声を聴く広聴業務にも活用できる
インターネットを住民の声を聴く広聴業務に活用することもできる。
ただし、(3)で述べたように、インターネットの利用者には大きな偏りがあるため、インターネットだけを活用したのでは広く住民の声を聴いたことにはならない。その他のメディアについても、インターネットにない利点を活かして併用することが重要である。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,945位
(31,818成果物中)

成果物アクセス数
2,129

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年3月21日

関連する他の成果物

1.行政業務へのグループウェア導入方策の調査研究
2.地震災害時における情報システム部門の対応策の調査研究−阪神・淡路大震災における課題と対応−
3.コンピュータシステムに関する教育研修
4.「地方行政情報処理技術の研究指導」の報告書
5.へき地住民の健康増進に関する研究等
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から