日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電気装備工事ハンドブック・設計編

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


 

9.3.4 動力回路

補機用電動機には、配電盤のMCBからそれぞれに適した方式の始動器を経由して給電される。給電の方式としては次のものがあるが、その装置に最も適した方式を選択する。

なお、重要負荷への給電については、各規則に注意する必要がある。

(1)主配電盤と列盤の集合始動器盤から給電する。

(2)1台毎に1個のMCBにより給電する。

(3)同用途又はその付近の補機用として設けられた集合始動器盤から給電する。

(4)主配電盤から区電盤を経て給電する。

ケーブルサイズについては、電動機の入力電流に対応したものとするが、給電用MCBの定格電流の設定値との関係もあるので、第5章の5.5により決定する。

また、特殊な特性を有する場合、例えば始動電流の持続時間の長い補機の電圧降下や低速電動機の定格電流値などについても注意する必要がある。

非常停止の必要な補機類については、計画された電動機が確実に停止するように配線する。

 

9.3.5 制御回路

集合始動器盤が、配電盤の列盤である場合は、補機用電動機の機側にも発停用押ボタンスイッチを装備するので、姶動器からこれに配線する。また、自動運転されるものには、圧力スイッチ、フロートスイッチ、マグネットバルブなどがあるので、それぞれの装置をよく調査して漏れのないよう始動器から配線する。

遠隔制御、計装装置の中には、主機制御室の制御卓において、それぞれのシステムに応じて運転警報表示及び遠隔制御されるものがあるので、始動器からそれぞれ配線を必要とする。

これらの制御回路は、始動器内の変圧器により降圧されているので、配線は250Vケーブルとする。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
24位
(30,543成果物中)

成果物アクセス数
293,997

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月9日

関連する他の成果物

1.船舶電気装備工事ハンドブック・工事編
2.「船舶の電気装備に関する技術指導」の報告書
3.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備概技術基準編・初級)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から