日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電気装備工事ハンドブック・設計編

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


 

8.9 風向風速計

一般に使われている風向風速計は、1基のプロペラを持つ飛行機形をしている。風速は、プロペラ駆動の発電機に生ずる風速に比例した電圧を、風速で目盛った電圧計で読みとるものである。風向は、垂直尾翼による胴体の回転角をシンクロ発信器に与え、電気的にシンクロ受信器に伝達させて遠隔指示させるものである。

 

8.10 自動操舵装置(オートパイロット)

船の針路は、風や波、海流などによって、予定針路から外れることがある。このとき操舵員は、コンパスによって針路の外れを知り、船首を針路に戻すため舵を取るが、この際、針路が戻るに従って舵角を小さくし、予定針路になる直前には、惰性を止めるため反対側に舵を取ったり(あて舵)して、定針させる。オートパイロットは、これらの操作を自動的に行う装置である。

方位の検出をジャイロコンパスで行う方式のものと(GCP)、磁気コンパスで行う方式のもの(MCP)などがある。

 

8.11 GPS1航法装置

GPS(Global Positioning System:全世界的測位システム)は、人工衛星を利用し、地球上いつでもどこでも、三次元の位置情報を得ることのできる測位システムである。GPSを構成する24個の衛星は、軌道半径26,561Km、軌道傾斜角55度の6つの軌道面にそれぞれ4基が等間隔に配置され、周回周期11時間58分2秒(12恒星時間)で地球を回っている。

GPS受信機により測定される量は、各衛星から発射される電波に載せられた測距信号(C/Aコード)が受信機に到着するまでの伝播時間である。C/Pコードには、衛星の位置情報、搭載時計の情報、電離層補正データ、他の衛星の位置情報が載せられており、送信電カ約25W、搬送波周波数1,575.42MHzで、30秒周期で繰返されている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
24位
(31,092成果物中)

成果物アクセス数
296,505

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月18日

関連する他の成果物

1.船舶電気装備工事ハンドブック・工事編
2.「船舶の電気装備に関する技術指導」の報告書
3.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備概技術基準編・初級)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から