日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電気装備工事ハンドブック・設計編

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


-2.船灯用の電球は、JISF8407−76(般用電球)の中で規格化されている航海灯用電球を使わなければならない。

-3.船灯の装備数は、船舶設備規程の第9号表と漁船特殊規程の別表に規定されている。(付録参照)

総トン数500トン以上の船ではJISF8452−91に適合する航海灯表示器を使用する。これはフィラメントの断線などによって、航海灯が消灯すると、表示器は音響及び表示灯によって、この故障を警報する。

-4.船灯のうち信号灯及び標識灯を含む全周灯については、その水平射光範囲がマストその他の上部構造物によって6度を超えて防げられないような位置に装備するよう、要求されている(海上衝突予防法施行規則第14条)。

 

6.6 防爆灯

タンカーのポンプ室やカーフェリーの車輌甲板など引火、爆発のおそれがある危険場所にやむを得ず装備する照明器具は、その場所の環境条件に応じた防爆形のものを装備する。

 防爆灯用スイッチは安全場所に装備しなければならない。

灯具には特殊な錠締金具が使われ、スイッチを切らないと灯具の開放・点検ができないようになっている。

 

6.7 信号灯及び標識灯

世界各地の沿岸、港湾、運河、河川、湖などで航行、停泊、又は荷役する船舶に対しては、それぞれ定められている規則に従って、特定の灯火信号を掲揚することが要求される。船で使用される信号灯類を列挙すると次のとおりである。

(1)昼間信号灯

国際航海に従事する150総トン以上のすべての船舶には、

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
24位
(30,543成果物中)

成果物アクセス数
293,997

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月9日

関連する他の成果物

1.船舶電気装備工事ハンドブック・工事編
2.「船舶の電気装備に関する技術指導」の報告書
3.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備概技術基準編・初級)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から