日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電気装備工事ハンドブック・設計編

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


手さげ灯、投光器などの移動用又は半移動用機器にはEPゴム絶縁クロロプレンキャブタイヤコードが使用され、卓上灯など居室内装備の移動用小形機器にはビニルシースコードが一般に使用される。けい素ゴム絶縁ケーブルには、けい素ゴム絶縁ガラス編組ケーブルと、けい素ゴム絶縁鉛被あじろがい装ケーブルの2種類がある。

単に耐熱特性が要求される場合には、ガラス編組ケーブルが使用され、耐熱特性とともに耐誘導ノイズ特性が要求される場合には、鉛被あじろがい装ケーブルが使用される。

また、盤内配線用としては、難燃性可とう架橋ポリエチレン電線、ビニル絶縁ビニルシース電線などがよく使用される。

 

5.1.3 光ファイバケーブル

近年、船舶においても省力化、省エネルギー化が強く求められるようになり船内情報の分野でも大容量、高信頼性のものが要求されるようになった。そういった環境の中で、光ファイバ伝送技術も急速に進歩し、実用化されるようになってきた。

光ファイバは、直径0.1m〜0.2mの細い石英、ガラス、クリスタル等の透明体の中に光を通すもので基本的に石英系、プラスチッククラッド系、全プラスチック系、多成分ガラス系に分類される。

光ファイバは、情報を広帯域、低損失でしかも誘導雑音を受けることなく伝達でき、制御通信用、データ伝送用等の高い信頼度を要求される伝送路として使用される。

また、光ファイバそのものが絶縁体であるので、動力ゲーブルと同一ケーブル内に複合化することもできる。

223-1.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
24位
(30,543成果物中)

成果物アクセス数
293,997

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月9日

関連する他の成果物

1.船舶電気装備工事ハンドブック・工事編
2.「船舶の電気装備に関する技術指導」の報告書
3.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備概技術基準編・初級)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から