日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電気装備工事ハンドブック・設計編

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


数和とする。

(b)交流分と直流分とに分けて考える。

(c)初期過渡減衰を考慮し過渡減衰は考えない。

(d)発電機の負荷時には発電機寄与分を10%増加する。

(e)時定数の変化は発電機のみを考慮する。

(f)電動機の寄与分は一定倍数を乗じる。

(g)母線から短絡点までの給電回路のインピーダンスは発電機に対して直列であるとする。

次に、図3.16の回路図を基に、その計算法の一例を示す。

なお、この計算に用いたインピーダンスの記号において、大文字アルファベットは絶対値を示し、小文字アルファベットはパーセントユニットを示す。

-1.回路定数

交流発電機:445〔V〕、3φ、60〔Hz〕、6P

350〔kVA〕(280kW)x3台

誘導冒動機の定格電流の合計:ΣIm=652〔A〕

(電力調査表の最大負荷時における定格電流値の合計)

三相変圧器(単相3台):440/105〔V〕、3φ、60〔Hz〕

60〔kVA〕 x1組

発電機定格電流:          Ign  454 [A]

〃 定格相電圧:         Vgn  257 [V]

〃 直軸初期過渡リアクタンス:  x’d 17.4 [%]

〃 直軸過渡リアクタンス:    x'd  25.6 [%]

〃 初期過渡時定数:       T’d 0.006 [秒]

〃 電機子時定数:        T'd  0.029 [秒]

〃 電機子抵抗:         ra  1.649 [%]

                (Ra = 0.000934Ω)
  発電機回路のケーブル TPYC−80×3

発電機から主配電盤母線まで25〔m〕、60〔Hz〕として

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
24位
(30,771成果物中)

成果物アクセス数
295,823

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年4月20日

関連する他の成果物

1.船舶電気装備工事ハンドブック・工事編
2.「船舶の電気装備に関する技術指導」の報告書
3.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備概技術基準編・初級)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から