日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電気装備工事ハンドブック・設計編

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


を行うなど本質的な機能は主配電盤と同じである。

常時は非常負荷、重要負荷に主配電盤から非常配電盤を経由して給電しておき、その信頼性を確保している。

(図3.5参照)

非常配電盤の配置については、下記の点に注意すること。

(a)隔壁甲板の上方であること。

(b)機関室囲壁の外部であること。

(c)船首隔壁の後方であること。

(d)非常発電機にできる限り近接した場所であること。

 

3.2.4 保護装置の選定・適用

船内記竜系統における過電流保護装置の使命は、船内の電気設備(電気機器及び電路)を、短絡を含むすべての過電流から保護することである。これらの保護装置は、故障回路を遮断し、回路の損傷と火災の危険を除くとともに、他の回路をでき得る限り連続して使用し得るものでなければならない。

船内配電系統の保護方式並びに保護装置の選定・適用に当たっては、まず第一に、それぞれ保護すべき電気機器や電路の過電流特性(過負荷及び短絡電流特性)に対して適切なものでなければならない。次に、船の航行や人命の安全の立場から、単に、故障回路を切離すだけでなく、重要負荷に対しては、それらの回路への給電の持続性を確保するため、保護装置相互間の協調をとり、切離しする回路を故障回路だけに局限するような保護方式、即ち、“選択遮断保護方式”を採用したシステムでなければならない。

また、船の航行や人命の安全と直接関係のない回路に対しては、経済性を考慮した保護方式、即ち“後備遮断保護方式”を採用したシステム設計としてよい。

-1.回路の保護

配電回路の短絡電流を含め過電流保護として使う遮断器やヒューズは、次のように設けなければならない。

(1)直流回路の正極と負極、交流回路の各相には、十分な定格遮断容量を持つ短絡保護装置を備えること。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
24位
(31,092成果物中)

成果物アクセス数
296,505

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月18日

関連する他の成果物

1.船舶電気装備工事ハンドブック・工事編
2.「船舶の電気装備に関する技術指導」の報告書
3.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備概技術基準編・初級)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から