日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電気装備工事ハンドブック・設計編

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


として、これが反復される使用をいう。この場合、運転期間、 無負荷運転期間は、それぞれ回転機が熱的平衡に達する時間よりも短く、また、始動及び制動条件が温度上昇に与える影響を無視できるものとする。

(7)電気制動を含む反復負荷連続使用(S7)

温度上昇に与える影響が無視できない始動期間、実質的に一定な負荷の運転期間、温度上昇に与える影響が無視できない電気制動期間を1周期として、これが反復される使用をいう。この場合、電圧が印加されない期間及び停止期間がなく、運転期間は回転機が熱的平衡に達する時間よりも短いものとする。

(8)変速度反復負荷連続使用(S8)

二つ以上の異なった回転速度にそれぞれ対応する一定な負荷(例えば、誘導電動機の場合には、極数の切換えにより生ずる。)

の運転期間を1周期として、これが反復される使用をいう。この場合、電圧が印加されない期間及び停止期間がなく、それぞれの回転速度での運転期間は回転機が熱的平衡に達する時間よりも短いものとする。

-2.定 格

機器に保証される使用限度をいう。回転機についてこれをいえば、まず出力に対する使用限度を定めこれを定格出力といい、これを発生させるための指定条件として、電圧、回転速度、周波数などを指定する。これらをそれぞれ定格電圧、定格回転速度、定格周波数などといい、それらを銘板に表示することになっている。JIS C 4004−92では定格の種類を次のように区別している。

(1)連続定格

指定条件の下で連続使用するとき、その回転機に関する標準規格に定めてある温度上昇限度を超過せず、その他の制限に外れない定格をいう。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
24位
(31,386成果物中)

成果物アクセス数
298,858

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年7月20日

関連する他の成果物

1.船舶電気装備工事ハンドブック・工事編
2.「船舶の電気装備に関する技術指導」の報告書
3.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備概技術基準編・初級)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から