日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電気装備工事ハンドブック・設計編

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


ま え が き

船舶において、電気は、機関部と並んで推進に重要な要素となるとともに、船内全般の計測、情報伝達などの神経系統をも受持っている。

近年、電気、電子技術の進歩がめざましく、船舶上においても、安全運航の向上、省人化、省エネ化にその技術の応用が急速に進んでいる。このような状況下にあって、電気装備技術の向上もまた、船の大小を問わず大いに要求されるところである。

日本船舶電装協会においては、このような趨勢をふまえて、平成8年度事業として主として総トン数20トン以上の船舶を対象とした「船舶電気装備工事ハンドブック(設計編)」の改定版の刊行を企画し、このたび本書が発行されることになった。

本ハンドブックが、上記の要望に答えるべく、近代化船の電装設計に大いに役立たせていただくことをお願いしたい。

刊行にあたっては、“日本財団”から補助金をいただいたことに多大の感謝を申上げるとともに、執筆、編集に力を尽くされた委員や関係者の方々に心から謝意を表したい。また、委員会の事務局として資料検索、編集、発行に携わっていただいた日本船舶電装協会の方々のご苦労に対しても、併せて謝意を表する。


平成9年3月
          社団法人日本船舶電装協会
          船舶電気装備工事ハンドブック作成委員会
          委員長 森田 豊

 

 

 

目次へ   次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
24位
(30,771成果物中)

成果物アクセス数
295,823

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年4月20日

関連する他の成果物

1.船舶電気装備工事ハンドブック・工事編
2.「船舶の電気装備に関する技術指導」の報告書
3.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備概技術基準編・初級)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から