日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電気装備技術講座(GMDSS・艤装工事及び保守整備編)

 事業名 船舶の電気装備技術の向上
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


 

4・3 機器及び空中線の取付要領

 

4・3・1 機器の取付要領
(1)一般
機器を取付ける場合の一般的な注意事項を以下に示すので、取付け工事前あるいは工事中におけるチェックリストとして活用するとよい。
不具合がある場合には、造船所及び機器メーカと十分協議した上で工事を施行すること。
(a)装備場所について
@操作が容易に行なえ、保守点検に十分余裕のある場所に装備する。
保守点検に必要なスペースを十分に確保するには、点検用ドア又は蓋の解放スペース、機器の内蔵物の引き出しスペース、工事用の電線接続スペースなどの考慮が必要である。
一般的に、無線機器メーカーが、工事要領書にこれらのスペースをサービススペースとして記載している。
AGMDSS機器の表示にはCRTや液晶を使用したものがあるので、室内の照明や直射日光よって光が反射し、見にくくならないような場所を選ぶこと。
ただし、操作に必要な照度は確保する必要があるので、場合によっては調光を設ける等の対策を施工のこと。
B通風がよく、雨、海水等のしぶきが直接かからない場所に装備する。
機器内部に冷却用ファンを装備している場合には、排気スペース(50mm以上)を確保すること。また、専用の独立電源装置を設ける場合には発熱を考慮して通風の良い場所を選択すること。
放熱効果をよくするため、外気と遮断された部屋、無通風の部屋には設置しないこと、室内に装備する場合は、機器の発熱量により通風回数の増加やエアコンなど冷気の導入等を考慮する必要がある。この場合には、機器の発熱量を調査の上、造船所と協議すること。
なお、機器は、窓からの通風が直接当たらないよう、通風口の直下は避けるように配置すること。
C振動の少ない場所に装備する。
やむを得ず振動のある場所に装備する場合には、防振ゴム等による防振対策を施工する。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
164位
(30,543成果物中)

成果物アクセス数
75,208

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月9日

関連する他の成果物

1.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備概技術基準編・初級)
2.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備技術基準編(その1)・初級)
3.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気理論編・初級)
4.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気機器編・初級)
5.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気艤装設計編・中級)
6.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備技術基準編(その2)・中級)
7.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気計算編・中級)
8.通信講習用船舶電気装備技術講座(船舶法規編・中級)
9.通信講習用船舶電気装備技術講座(試験検査編・中級)
10.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・基礎理論編)
11.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・装備艤装工事編)
12.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・機器保守整備編)
13.船舶電気装備技術講座(GMDSS・基礎理論編)
14.船舶電気装備技術講座(GMDSS・法規編)
15.船舶設備関係法令及び規則(資格更新研修用テキスト・強電用)
16.船舶設備関係法令及び規則(資格更新研修用テキスト・弱電用)
17.船舶電気装備資格者名簿(平成8年7月現在)
18.「船舶の電気装備技術の向上」の報告書
19.船舶電装業の経営合理化に関する指導事業の実施内容
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から