日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電気装備技術講座(GMDSS・艤装工事及び保守整備編)

 事業名 船舶の電気装備技術の向上
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


 

4・2 ケーブルの布設

4・2・1 一般
ケーブルは一般的にはJIS C 3410のものを使用するが、外洋航行船においては、電路はケーブルの難燃性を損なわないように布設しなければならないため*2、耐延焼性材料を使用したJCS 390のケーブルを使用しない場合には下記要領に従って布設しなければならない。*3
*2:船舶設備規程 第258条
*3:船舶検査心得
(1)無線システム用電路の布設上の一般的注意
@他の電路との関係
・水中音響機器等の敏感回路及びその他の一般電路からなるべく間隔をあけ、並行に布設しないことが望ましい。
・妨害電路は敏感電路から500mm以上離すか又は遮へいして布設することが望ましい。
・敏感電路は、一般電路から50mm以上離すか又はシールド付き電線を使用する。
・接地された金属隔壁又は甲板で各電路が隔てられている場合は、これらの条件を満たしたものと考えてよい。
・電路が直交する場合は、その間の距離や遮へいに関して、必ずしも上記を満たす必要はない。
Aケーブルは可能な限り最短距離で布設すること。ケーブルの最大長が無線システムメーカーから指定される場合もあるので注意を要する。
B磁気コンパスから十分な距離を離して布設すること。
鋼線がい装ケーブルは、それ自身が磁気コンパスに誤差を発生させるので、直線距離で最低でも2m以上離して布設すること。
C接地工事を行うこと。
D外傷を受けやすいところに布設するケーブルは、金属管工事か又は保護覆い工事を行うこと。
E暴露部に布設するケーブルは、防食処理、塗装を行うこと。
F船の振動や衝撃などに十分耐えられるように布設すること。
Gケーブルは高温管保温外被から200mm以上離すこと。
H防振ゴムを装備した機器へのケーブル導入部は、防振効果を妨げぬよう、

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
165位
(31,179成果物中)

成果物アクセス数
76,152

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年6月8日

関連する他の成果物

1.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備概技術基準編・初級)
2.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備技術基準編(その1)・初級)
3.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気理論編・初級)
4.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気機器編・初級)
5.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気艤装設計編・中級)
6.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備技術基準編(その2)・中級)
7.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気計算編・中級)
8.通信講習用船舶電気装備技術講座(船舶法規編・中級)
9.通信講習用船舶電気装備技術講座(試験検査編・中級)
10.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・基礎理論編)
11.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・装備艤装工事編)
12.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・機器保守整備編)
13.船舶電気装備技術講座(GMDSS・基礎理論編)
14.船舶電気装備技術講座(GMDSS・法規編)
15.船舶設備関係法令及び規則(資格更新研修用テキスト・強電用)
16.船舶設備関係法令及び規則(資格更新研修用テキスト・弱電用)
17.船舶電気装備資格者名簿(平成8年7月現在)
18.「船舶の電気装備技術の向上」の報告書
19.船舶電装業の経営合理化に関する指導事業の実施内容
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から