日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電気装備技術講座(GMDSS・艤装工事及び保守整備編)

 事業名 船舶の電気装備技術の向上
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


 

3・2 システム設計

3・2・l GMDSSの設備要件
(1)義務船舶のGMDSS設備導入のスケジュール
船舶安全法の改正に伴い、義務船舶となる船舶は次に示すものである。
(a)条約船(国際航海旅客船等)
具体的には次に掲げる船舶である。
(i)国際航海に従事する旅客船
(◆帽餾盜匈い暴昌?垢訌蹈肇鷽?00トン以上の非旅客船(もっぱら漁るうのみに従事する漁船を除く。)
(b)条約船以外の船舶であって次に掲げるもの。(以下、非条約船という。)
(i)旅客船
(◆鳳莖ぐ幣紊旅匚垓莪茲鰺C垢訥垢オ12m以上の非旅客船
(?棒?甞ぐ幣紊旅匚垓莪茲鰺C垢訥垢オ12m未満の非旅客船
(ぁ望?人卦r麝兪ァ蔑控卍螳?2名以下のもの)であって、次のもの。
(イ)漁ろうに従事する場合は、漁るうに従事する水域が本邦の海岸から100海里以遠の水域を航行するもの。
(ロ)漁ろうに従事しない間の航行区域が、次の船舶の区分に応じ、次に掲げる水域のもの。
@長さ12メートル未満の船舶……近海以上の航行区域
A長さ12メートル未満の船舶以外の船舶……沿海以上の航行区域
(v)総トン数20トン以上の漁船
(Α頬榾?粒ご澆??00海里を超える水域で従業する小型漁船
(А紡?種小型漁船
(─妨仞邱粗發凌絨茲瞭眸癜カ个里濆匚圓垢訌デ?/BLOCKQUOTE>
ただし、上記の船舶のうち、次のa及びbに掲げる船舶については法第4条による無線電信等の施設の適用が除外又は免除される。
a. 施設適用除外の船舶
@臨時航行許可証を受有している船舶
A試運転を行う場合の船舶
B湖川港内の水域(琵琶湖を除く。)のみを航行する船舶
C非自航路(危険物ばら積、特殊船及び推進機関を有する他の船舶に引かれて人の運送の用に供するものを除く。)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
165位
(31,179成果物中)

成果物アクセス数
76,152

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年6月8日

関連する他の成果物

1.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備概技術基準編・初級)
2.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備技術基準編(その1)・初級)
3.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気理論編・初級)
4.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気機器編・初級)
5.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気艤装設計編・中級)
6.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備技術基準編(その2)・中級)
7.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気計算編・中級)
8.通信講習用船舶電気装備技術講座(船舶法規編・中級)
9.通信講習用船舶電気装備技術講座(試験検査編・中級)
10.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・基礎理論編)
11.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・装備艤装工事編)
12.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・機器保守整備編)
13.船舶電気装備技術講座(GMDSS・基礎理論編)
14.船舶電気装備技術講座(GMDSS・法規編)
15.船舶設備関係法令及び規則(資格更新研修用テキスト・強電用)
16.船舶設備関係法令及び規則(資格更新研修用テキスト・弱電用)
17.船舶電気装備資格者名簿(平成8年7月現在)
18.「船舶の電気装備技術の向上」の報告書
19.船舶電装業の経営合理化に関する指導事業の実施内容
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から