日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電気装備技術講座(GMDSS・艤装工事及び保守整備編)

 事業名 船舶の電気装備技術の向上
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


 

2・3 インマルサットのシステムと装置

2・3・1 インマルサット・システム
(1)インマルサットの生立ち
インマルサット(国際海事衛星機構、INMARSAT)は、International Maritime Satellite Organizationから作られた略語であるが、機構の正式名称のように使用されている。このような衛星を使用した船舶通信は、初めはアメリカの応用技術衛星と呼ばれる衛星シリーズによって行われた。このシリーズの衛星の初期のものであるATS−1とATS−3の両衛星はVHFの中継器を使用して、1960年代の後半にGrace LineのSS Santa Lucia号で陸上移動用の無線機を利用して、陸上との間での通信が行われたのが恐らく船舶衛星通信の最初であろう。使用空中線には利得が約12dBの交差ダイポールの八木アンテナが使用されている。現在もインマルサットで使用されているL-バンドの電波による衛星船舶実験は、続いて1969年8月に打上げられたATS−5衛星を使用して北極海を航行中の砕氷タンカーManhattan号によって行われた。このATS−5衛星は打上げの失敗から、その空中線が0.78秒ごとに0.05秒程度しか地球を向かないという欠陥衛星であったため、限定された実験しかできなかった。その後、1974年に打上げられた応用技術衛星シリーズの4番目の最後の衛星ATS−6は、空中線が開傘する大型の衛星であり、同様な実験が継続されるとともに、固定通信用のC-バンド(4/6GHz)の通信衛星も使用するなど衛星通信を利用した船舶の運航管理の実験もいくつかの船会社が参加して行われた。
こうして、L-バンドの電波による船舶衛星通信の実用化が可能であることが実証されたので、たまたまアメリカ海軍から本格的な衛星の完成までの短期間の艦隊通信用の衛星の打上げを依頼されていたコムサットゼネラル社は、海軍の了解を得て、その他の海事通信会社と共同でこの衛星に民間海事通信の中継器を搭載して打上げ、1976年より商用のサービスを開始した。この衛星が現在なお生き残っているマリサット衛星である。
一方、国際海事機関(IMO、当時は政府間海事協議機関IMCO)の無線通信小委員会では、GMDSSの研究に先立って1960年代の末から海事衛星通信についての研究を開始した。1972年にはこの小委員会のもとに海事衛星専門家パネルを設けて、その技術的要件、経済的評価、その実行のための組織などについての審議を進め、1974年には国際組織設立のための条約草案を含む報告

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
165位
(31,179成果物中)

成果物アクセス数
76,152

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年6月8日

関連する他の成果物

1.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備概技術基準編・初級)
2.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備技術基準編(その1)・初級)
3.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気理論編・初級)
4.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気機器編・初級)
5.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気艤装設計編・中級)
6.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備技術基準編(その2)・中級)
7.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気計算編・中級)
8.通信講習用船舶電気装備技術講座(船舶法規編・中級)
9.通信講習用船舶電気装備技術講座(試験検査編・中級)
10.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・基礎理論編)
11.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・装備艤装工事編)
12.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・機器保守整備編)
13.船舶電気装備技術講座(GMDSS・基礎理論編)
14.船舶電気装備技術講座(GMDSS・法規編)
15.船舶設備関係法令及び規則(資格更新研修用テキスト・強電用)
16.船舶設備関係法令及び規則(資格更新研修用テキスト・弱電用)
17.船舶電気装備資格者名簿(平成8年7月現在)
18.「船舶の電気装備技術の向上」の報告書
19.船舶電装業の経営合理化に関する指導事業の実施内容
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から