日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電気装備技術講座(GMDSS・艤装工事及び保守整備編)

 事業名 船舶の電気装備技術の向上
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


 

日本が設定するA2水域のみを航行する船舶に対する国際ナブテックス受信機又は日本語ナブテックス受信機の備付けは平成8年2月1日から実施される。
日本語ナブテックスは、GMDSSで義務づけられた518kHzの英語による国際的な放送とは別に許可される自国語放送のひとつである。周波数はIMOの提案では490kHzとなっていたが、500kHzの遭難通信波が1999年まで有効なため、日本では424kHzの周波数が割り当てられた。
日本語放送は、基本的には国際的な放送と同じであるが、アルファベット及び数字のみでなく仮名及び漢字を扱うため、技術基準が追加される。特に、見やすい文字、文書とするため、文字の大きさは10ポイント相当以上、1行あたりの文字数は、最大30文字となる。

2・2 デジタル選択呼出しのできる無線通信設備

2・2・1 デジタル選択呼出しシステム
遭難通信に限らず従来の船舶通信においては、各周波数別に呼出し周波数が定められており、通信士がその周波数を聴守して自船への呼掛けを知ることによって、応答し、通信用周波数で通信回線が設定される方法によっていた。しかし、最近の船舶の増加、通信量の増加、周波数利用の効率化、通信士の減少などから、特定の船舶局、海岸局などを特定の信号によって選択して呼出しのできる選択呼出し(セルコール)が採用されるようになった。我が国においては、沿岸無線電話には比較的早くから採用され、一般の電話と特定の船舶との接続が簡単に行われていた。1960年代の後半よりこのセルコールを国際的に船舶に採用することが検討され、CCIR(ITU−R)でのその方式の審議が進んで、1967年のWARCで改訂され無線通信規則にその呼出し周波数、信号の構成などが規定された。この方式は、0から9までの数字に対応する約1〜2kHzのトーン周波数による5桁の数字と、その送信時間などの信号の構成を定めたものである。しかし、当時から短波通信に適するセルコールとして、パルス方式、それに自動誤字検出及び訂正方式を加味した提案もあり、それらは引き続いてCCIRで研究が進められてきた。今回のGMDSSで採用されたセルコールの方式は、このようなパルス式のもので、トーン式と区別するためにデジタル選択呼出し、略してDSC(Digital Selective Calling System)と呼ばれている。このディジタル選択呼出システムは、MF、HF又はVHF帯の周波数による通信をディジタル符号化することにより特定の船舶又は海岸局を選択して自動的

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
165位
(31,179成果物中)

成果物アクセス数
76,152

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年6月8日

関連する他の成果物

1.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備概技術基準編・初級)
2.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備技術基準編(その1)・初級)
3.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気理論編・初級)
4.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気機器編・初級)
5.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気艤装設計編・中級)
6.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備技術基準編(その2)・中級)
7.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気計算編・中級)
8.通信講習用船舶電気装備技術講座(船舶法規編・中級)
9.通信講習用船舶電気装備技術講座(試験検査編・中級)
10.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・基礎理論編)
11.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・装備艤装工事編)
12.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・機器保守整備編)
13.船舶電気装備技術講座(GMDSS・基礎理論編)
14.船舶電気装備技術講座(GMDSS・法規編)
15.船舶設備関係法令及び規則(資格更新研修用テキスト・強電用)
16.船舶設備関係法令及び規則(資格更新研修用テキスト・弱電用)
17.船舶電気装備資格者名簿(平成8年7月現在)
18.「船舶の電気装備技術の向上」の報告書
19.船舶電装業の経営合理化に関する指導事業の実施内容
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から