日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

CIVIL AERONAUTICS LAW CABINET ORDER RELATING TO THE ENFORCEMENT OF CIVIL AERONAUTICS LAW

 事業名 民間航空の発展に関する調査及び資料作成
 団体名 航空振興財団 注目度注目度5


 

(5)In addition to items listed in the preceding paragraphs, any certification for aircraft stipulated in the Notification issued by the Minister of Transport, and recognised as mandatory for the said business to be performed by an international air carrier under the provisions of Article 126 paragraph 1 of this Law as well as for determining the validity period.
Note: The above paragraph 2 shall be revised and enforced effective April 1st, 2002 Add (certification for an aircraft with maximum take-off weight of not less than 34,000 Kilograrms)next to (those made or issued by)in Article 235 paragraph 2 and delete (However, the same shall not be applied to the items which comes under any of the following paragraphs)and also delete each said paragraph.

 

Article 235-(2)and Article 235-(3). Revoked

 

(Exception for Application Period)
Article 235-(4). Application under the provisions of Articles 230, 230-(2), 23 1-(3), 233-(2)and 234-(2)shall be deemed acceptable and valid even when they have been received after the expiration of the application period, if the Minister of Transport in consideration of the circumstances involved, recognises the reasons for the delay as being unavoidable due to urgent or other causes.

 

CHAPTER \. (omitted)

 

 

 

BACK   CONTENTS   NEXT

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
259位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
40,737

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.平成8年度 ヘリコプターによる計器飛行方式等に関する研究報告書
2.「民間航空の発展に関する調査及び資料作成」の報告書
3.航空機乗員の医学適性研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から