日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

地方分権に伴う国・地方の行政システムに関する調査研究

 事業名 行政管理に関する調査研究等
 団体名 行政管理研究センター 注目度注目度5


 

第9章 都道府県と市町村との人事交流

 

市川喜崇

 

1.はじめに
都道府県と市町村間の人事交流について論じることが本論のテーマである。
これまで、国と都道府県との人事交流については、しばしばその非対称・不平等性が批判されてきており、とりわけ、中央省庁から都道府県への出向人事については、「天下り」として、強く批判されてきた。入省わずか数年に満たない20代の中央官僚が課長として天下り、年長の部下を従える様は、中央集権の象徴と考えられてきた。学界における通説も基本的にこうした立場に立っており、?@地方採用者の士気を阻喪させる、?A「腰掛け」的存在であるため充分な成果を挙げられない、?B知事の人事権を事実上剥奪している、などの批判がなされてきた1)。
「天下り」を日本の中央集権体制の象徴とみなして批判するこうした見解に対して、最近では、「天下り」を中央が地方に人事を押し付けているとみるのではなく、むしろ地方の側が戦略的に中央官僚を受け入れている側面を重視する見解が現れている。村松岐夫は、地方は中央省庁から人事を押し付けられていると見るのは一面的であり、むしろ、地方のリソースを増大させる手段として中央官僚を積極的に迎え入れているのだと主張する。「地方レベルに天下った官僚は地方官僚として行動するのであって、これらの官僚の個人的コネクションはむしろ、地方の側の政治的資源となる。だから、地方(府県)は、しばしば有能で幅広いつきあいのある、中央にたいして説得力をもつ官僚が中央から『天下って』くることを望むのである」2)(括弧内は原著者)。前者が、「天下り」における中央と地方の関係をゼロ・サム的にとらえ、一方の不利益において他方が利益を得るという理解であるのに対して、後者の場合、「天下り」は、両者がともに得をするポジティブ・サムの関係であると考えているといえよう。
このように、中央省庁から都道府県への出向人事については、二つの異なる見解があるが、おそらく、現実的には、この二つのどちらか一方ですべてを説明できるというわけではないように思われる。すなわち、しばしば指摘されているように、「天下り」のポストの中には中央省庁の「取り分」として運用されているいわゆる「指定ポスト」があること

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
604位
(29,137成果物中)

成果物アクセス数
14,988

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年9月23日

関連する他の成果物

1.市民セクターと行政の連携に関する調査研究
2.行政管理制度の国際比較に関する文献・資料要覧
3.大学における行政学・政策科学教育の現状
4.Administrative Management and Reform in Japan
5.行政学・公共政策研究と大学・シンクタンク
6.行政管理シンポジウム−情報公開の進展を目指して−
7.北陸地区行政管理シンポジウム−市民と行政との新たな関係の構築に向けて−
8.「行政管理に関する調査研究等」の報告書
9.マルチメディアによる公的サービスの高度化に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から