日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信講習用船舶電気装備技術講座(電気機器編・初級)

 事業名 船舶の電気装備技術の向上
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


 

電圧が発生し、これが転流コンデンサCに充電する。
次にサイリスタS2のゲートにトリガ信号が与えられ、S2をタ一ンオンすると、一次巻線を流れる電流の向きが前と逆になるので、ab間に誘起する電圧の極性も逆になり、S1の陽極電圧が瞬間的に一2Eまで低下するのでS1はタ一ンオフし、一方転流コンデンサCは前と逆の極性の2Eの電圧で充電される。このように交互にトリガ信号がサイリスタに与えられることによって、オン、オフ動作を繰り返し、交流電圧を発生する。この結線方式では電圧と位相を異にする誘導性の負荷電流が流れると、それに対応して変圧器一次巻線に遅れ位相の電流が流れ、これを転流コンデンサCが吸収しなければならぬことになるので、力率の低い誘導性負荷の場合は、このコンデンサの容量を増大しなければならず、また、これによって瞬間的に発生するピーク電圧の抑制処置も必要となる等不利な点が生じるので、リアクタンス負荷のように無効電流分を含む一般的な負荷に対しては次に示す改良形並列インバータ(改良マクマレーインバータとも呼ぶ。)が使用に適している。
改良並列インバータの回路は図7・27に示すように、並列インバータの無効負荷電流に対する動作機能を改良するためにフィードバックダイオードと称しているDl,D2のダイオードを挿入した点が特徴的である。誘導性負荷電流は電圧が零となっても流れ続けようとするので、例えばサイリスタS1がタ一ンオフしても負荷電流の遅れ無効電流分Ilに対応して一次巻線にiL2が流れようとする。この電流に対しダイオードD2が導通してこの無効電力を電源に送り返すように働く。

 

131-1.gif

図7・27改良形並列インバータの結線図

 

また、この回路では遅れ力率の負荷のみでなく、進み力率の負荷もフィードバックによって補償することができるので、転流コンデンサCの容量を小さくすることができ、また、無負荷から全負荷に至る。すべての負荷状態で方形波出力電圧を出すと共に、サイリスタに異常に高い電圧がかかることがないので、性能、安定性及び経済性の点で非常に優れた回路方式とみなされ、広範に使用されている。
2・7・4蓄電池充電用整流装置
船内の常用電源が交流である場合、蓄電池の充電は通常半導体整流器により行わ

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
42位
(32,806成果物中)

成果物アクセス数
216,126

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年1月16日

関連する他の成果物

1.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備概技術基準編・初級)
2.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備技術基準編(その1)・初級)
3.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気理論編・初級)
4.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気艤装設計編・中級)
5.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備技術基準編(その2)・中級)
6.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気計算編・中級)
7.通信講習用船舶電気装備技術講座(船舶法規編・中級)
8.通信講習用船舶電気装備技術講座(試験検査編・中級)
9.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・基礎理論編)
10.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・装備艤装工事編)
11.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・機器保守整備編)
12.船舶電気装備技術講座(GMDSS・基礎理論編)
13.船舶電気装備技術講座(GMDSS・艤装工事及び保守整備編)
14.船舶電気装備技術講座(GMDSS・法規編)
15.船舶設備関係法令及び規則(資格更新研修用テキスト・強電用)
16.船舶設備関係法令及び規則(資格更新研修用テキスト・弱電用)
17.船舶電気装備資格者名簿(平成8年7月現在)
18.「船舶の電気装備技術の向上」の報告書
19.船舶電装業の経営合理化に関する指導事業の実施内容
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から