日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信講習用船舶電気装備技術講座(電気機器編・初級)

 事業名 船舶の電気装備技術の向上
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


 

のを使用すること。
1・2・2 加工方法
(1)防食処理
耐食金属以外の金属材料には防食めっき、防食塗装又は陽極酸化被膜を施すこと。
耐食金属とは銅、黄銅、青銅などをいう。
(a)防食めっき
防食めっきはニッケルめっき、ニッケルクロームめっき、銀めっき、亜鉛めっき、あるいは溶融めっき又は金属吹付法による耐食金属被覆とする。
(b)防食塗装
(i)下地処理
軽合金以外の金属にはウォッシュプライマ塗布又はりん酸塩処理の何れかとし、軽合金に対してはウォッシュプライマ塗布、クロム酸塩処理又はりん酸塩処理のいずれかを行う。
(i)塗装
下地処理を行った後、良質の難燃性塗料を塗装する。なお、ペント形鉛蓄電池を収納する電池室に取付けられる機器は耐酸塗料で塗装する。
(C)陽極酸化被膜
防食塗装が不適当な軽合金にはJISH8601(アルミニウム及びアルミニウム合金の陽極酸化被膜)による陽極酸化被膜を施す。
(2)金属間接触部の防食
軽合金の合せ面。軽合金と銅合金又は鋼材等の接触部には防食のためジンクロメードを含んだぺースト又はそれに浸したテープをはさむこと。
軽合金に接する銅合金又は鋼製のボルト、ナット類は亜鉛めっきを施し更にクロム酸処理又は重クロム酸処理を施す。
(3)導電部の接続
導電部の接続は電気的に確実であり、振動、衝撃に耐えなければならない。
内部配線の接続方法は、目的により銀ろう付、はんだ付、かしめ、小ねじ又はボルト締め。あるいは圧着による。
(4)ボルト、ナット及び小ねじの止め方

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
42位
(32,806成果物中)

成果物アクセス数
216,126

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年1月16日

関連する他の成果物

1.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備概技術基準編・初級)
2.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備技術基準編(その1)・初級)
3.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気理論編・初級)
4.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気艤装設計編・中級)
5.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備技術基準編(その2)・中級)
6.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気計算編・中級)
7.通信講習用船舶電気装備技術講座(船舶法規編・中級)
8.通信講習用船舶電気装備技術講座(試験検査編・中級)
9.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・基礎理論編)
10.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・装備艤装工事編)
11.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・機器保守整備編)
12.船舶電気装備技術講座(GMDSS・基礎理論編)
13.船舶電気装備技術講座(GMDSS・艤装工事及び保守整備編)
14.船舶電気装備技術講座(GMDSS・法規編)
15.船舶設備関係法令及び規則(資格更新研修用テキスト・強電用)
16.船舶設備関係法令及び規則(資格更新研修用テキスト・弱電用)
17.船舶電気装備資格者名簿(平成8年7月現在)
18.「船舶の電気装備技術の向上」の報告書
19.船舶電装業の経営合理化に関する指導事業の実施内容
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から