日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信講習用船舶電気装備技術講座(電気理論編・初級)

 事業名 船舶の電気装備技術の向上
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


 

(4)磁気ひずみ材料は磁気ひずみ効果を利用する材料で高周波特性がよく、ひずみ効果が著しい材料がよい。それには純ニッケル、鉄コバルト合金、アルミニウム鉄合金、コバルト等がある。
用途としては磁気ひずみ振動子として超音波の発生に用いられる。
(5)その他磁気録音材料
非磁性材料等があり前者は酸化鉄の粉末をラッカー中に均一に分散したものをプラスチックテープ上に塗布した録音テープというものであり、後者は一種の鉄綱でありながら強磁性体ではない材料である。これにはキュリー点を常温以下に下げた綱、ニッケル、銅等の材料である。
用途としては電器機器内の鉄心押え金、がいしのキャップ、支持金具等に用いられる。
注:強磁性体では、温度上昇にともなって、自発磁化が減少し、ある温度になれば
消失するその温度をキュリー点(curie point)という。

 

9・6 特殊電気材料

9・6・1 光電子放出材料
固体間の電子が光のエネルギーを受けて固定表面から外部に飛び出す現象を光電子放出といい、この飛び出た電子を光電子という。
光電子放出材料は光電管等に利用されるが、これにはセシウム(Cs)、バリウム(Ba)、カルシウム(Ca)等がある。
9・6・2 熱電子放出材料
金属や半導体を高温に熱すると、その表面から電子が放出される現象を熱電子放出といい、この放出される電子を熱電子という。
熱電子放出材料はタングステン(W)、タンタル(Ta)、ニオブ(Nb)、トリウムタングステンなどがあり、送信用又は受信用電子管等に用いられる。
9・6・3 熱電対材料
熱電対はゼーベック効果を利用して比較的高い温度測定に用いられるもので、その材料としては白金-白金ロジウム、鋼-コンスタンタン、タクメル-アルメルの組合せたものが普通である。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
7位
(30,219成果物中)

成果物アクセス数
661,383

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2018年9月15日

関連する他の成果物

1.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備概技術基準編・初級)
2.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備技術基準編(その1)・初級)
3.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気機器編・初級)
4.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気艤装設計編・中級)
5.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備技術基準編(その2)・中級)
6.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気計算編・中級)
7.通信講習用船舶電気装備技術講座(船舶法規編・中級)
8.通信講習用船舶電気装備技術講座(試験検査編・中級)
9.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・基礎理論編)
10.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・装備艤装工事編)
11.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・機器保守整備編)
12.船舶電気装備技術講座(GMDSS・基礎理論編)
13.船舶電気装備技術講座(GMDSS・艤装工事及び保守整備編)
14.船舶電気装備技術講座(GMDSS・法規編)
15.船舶設備関係法令及び規則(資格更新研修用テキスト・強電用)
16.船舶設備関係法令及び規則(資格更新研修用テキスト・弱電用)
17.船舶電気装備資格者名簿(平成8年7月現在)
18.「船舶の電気装備技術の向上」の報告書
19.船舶電装業の経営合理化に関する指導事業の実施内容
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から