日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信講習用船舶電気装備技術講座(電気理論編・初級)

 事業名 船舶の電気装備技術の向上
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


 

9・4・2 絶縁材料の特性
(1)絶縁材料として必要な性質
(a)物理的性質 次に述べる絶縁耐力、絶縁抵抗が大きくなければならないことは勿論であるが、交流に対して誘電損が少なく耐弧性、耐コロナ性などが要求される。また、機械的性質、例えば、引張強さ、圧縮強さ、曲げ強さ等も十分あって、反面たわみ性、耐摩耗性加工性も用途によって重要視される。そして、機器の温度が上昇するにつれ絶縁材料の温度も上昇するので変質、劣化などないようでなければならない。その意味において、9・4・1(2)のように絶縁材料の耐熱区分が設けられ、指定温度限度内に使用する場合にはその電気権器は安全に使用できるものとされている。
(b)化学的性質 絶縁材料は、化学的にも安定であることは材料の劣化を防ぐために重要である。船舶用の場合では特に要求される。例えば、耐水性、耐油性、耐薬品性(耐酸性、耐アルカリ性、耐溶剤性等)等の諸性質が要求される。
また、温度上昇にともなって炭化温度が高いこと、また、難燃性であることなどは特に重視しなければならない。使用場所にもよるが非爆発性でありかつ分割ガスにふれて金属に対し腐食性がないこと等も必要である。
(2)絶縁材料の絶縁抵抗
絶縁材料は電気的に高抵抗のもので、電流は流れにくいものであるが、その温度及び湿度又は絶縁材料のおかれている状態によって漏れ電流が流れる。一般に内部に流れる電流による抵抗を体積抵抗率及び表面に流れる電流による抵抗を表面抵抗率で表し、この両者を総称して絶縁抵抗といっている。普通絶縁抵抗試験と呼ばれるものは前記両者の組み合わされたものを試験し、その良否を判定するものである。
絶縁抵抗値はメガによってメグオーム(106Ω)を測定する。その値は絶縁材料の温度・湿度の上昇又は不純物量の増加とともに低下する傾向にある。そして絶縁抵抗と次に述べる絶縁耐力との関連性が必ず存在するとはいいがたいが、しかし、全然無関係ではない。普通は絶縁耐力試験を行う以前に絶縁抵抗値を測定して、その安全を確めた後にこれを実施し、また、電気機器を運転する。
船舶設備規定では次のように絶縁抵抗値の最低限を定めている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
7位
(30,219成果物中)

成果物アクセス数
661,383

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2018年9月15日

関連する他の成果物

1.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備概技術基準編・初級)
2.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備技術基準編(その1)・初級)
3.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気機器編・初級)
4.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気艤装設計編・中級)
5.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備技術基準編(その2)・中級)
6.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気計算編・中級)
7.通信講習用船舶電気装備技術講座(船舶法規編・中級)
8.通信講習用船舶電気装備技術講座(試験検査編・中級)
9.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・基礎理論編)
10.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・装備艤装工事編)
11.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・機器保守整備編)
12.船舶電気装備技術講座(GMDSS・基礎理論編)
13.船舶電気装備技術講座(GMDSS・艤装工事及び保守整備編)
14.船舶電気装備技術講座(GMDSS・法規編)
15.船舶設備関係法令及び規則(資格更新研修用テキスト・強電用)
16.船舶設備関係法令及び規則(資格更新研修用テキスト・弱電用)
17.船舶電気装備資格者名簿(平成8年7月現在)
18.「船舶の電気装備技術の向上」の報告書
19.船舶電装業の経営合理化に関する指導事業の実施内容
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から