日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信講習用船舶電気装備技術講座(電気理論編・初級)

 事業名 船舶の電気装備技術の向上
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


 

ータといい使用されている。
(5)半導体に光のエネルギーをあてると、両端間に電位差すなわち光起電力が発生する。これを応用したものに光電池、太陽電池等がある。
(6)ロッシェル塩、チタン酸バリウムなど結晶面に力を加えると電極間に電荷が生じる。
また、電界を掛けると結晶にひずみが生ずる。これを圧電気現象という。
これを応用したものに音響測深機等がある。
以上のような作用及び現象を巧みにいろいろの方面に役立たせている。したがって、電気工学の社会に対する貢献度は大なるものがあるとみなければならない。

1・11 静電気と動電気

1・3で述べたように摩擦によって生じた電荷が静止状態にあるような電気を静電気といい、静電気による現象は非常に高い電圧を用いる送電線路、絶縁物の破壊又は無線通信、電子技術などに関係がある。これらの学問を静電気学といい、雷の現象、コロナ現象の研究はこれに属する。応用面としては静電印刷法(ゼロックスなど。)、静電噴霧塗装法等がある。一方動電気は電荷の移動によって電流が流れる電気現象を取扱う動電気学であって、我々が日常目に触れる電気、例えば、発電機、電動機、照明、通信機等は総べてその応用である。そこでこれらの電気を研究する学問を総称して電気工学と称している。そして静電気について静電気、動電気については単に電気と通称し、両者の区別を明確にしている。

1・12 直流、交流、瞬時電流、周波数

電圧及び電流の大きさや流れる方向が時間とともに変化する有様によって次のように分類する。
1・12・1直流
図1・17(a)のように電圧又は電流の大きさ及びその方向が時間に対して変化しないで一定の値を保っている電気の流れを直流といい乾電池の電気はこれに属する。
図1・17(b)のように電圧又は電流の方向は+側に一定であるが、大きさが図中(1)又は(2)のように周期的に脈を打っている。これを正しくいえば脈流であるが、一

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
7位
(30,295成果物中)

成果物アクセス数
666,790

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2018年11月17日

関連する他の成果物

1.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備概技術基準編・初級)
2.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備技術基準編(その1)・初級)
3.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気機器編・初級)
4.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気艤装設計編・中級)
5.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備技術基準編(その2)・中級)
6.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気計算編・中級)
7.通信講習用船舶電気装備技術講座(船舶法規編・中級)
8.通信講習用船舶電気装備技術講座(試験検査編・中級)
9.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・基礎理論編)
10.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・装備艤装工事編)
11.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・機器保守整備編)
12.船舶電気装備技術講座(GMDSS・基礎理論編)
13.船舶電気装備技術講座(GMDSS・艤装工事及び保守整備編)
14.船舶電気装備技術講座(GMDSS・法規編)
15.船舶設備関係法令及び規則(資格更新研修用テキスト・強電用)
16.船舶設備関係法令及び規則(資格更新研修用テキスト・弱電用)
17.船舶電気装備資格者名簿(平成8年7月現在)
18.「船舶の電気装備技術の向上」の報告書
19.船舶電装業の経営合理化に関する指導事業の実施内容
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から