日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

舶用ディーゼル主機関軸系のねじり振動に関する調査研究報告書

 事業名 型式承認物件等の品質の改善・向上に関する調査研究
 団体名 日本船舶品質管理協会  


 

1.事業目的

開発直後の舶用ディーゼル主機関の場合や、船型に対応した新設計の軸系ねじり振動計算では、関係する軸系の減衰量等を過去の類似軸系を参考とした仮定値で行なわれるために、初期段階でのねじり振動の主危険回転数及び付加応力の計算値と実測値は、必ずしも一致するとは限らないのが一般的である。
そこで主機関設計者は幾つかの同一軸系のねじり振動の実測と計算の補正を繰り返すことにより、実測値と計算値との誤差を少なくなるように研究努力をし、成果をあげつつあるのが現状である。
また、主機関と推進軸との間に高弾性継手を設けることにより、ねじり振動系が主機関単体の振動系に近くなるようにする等の処置が行なわれている場合もある。
このようにして、舶用ディーゼル主機関軸系(以下軸系という)に生ずる、ねじり振動の計算で求める主危険回転数及びねじり振動応力値の計算推定精度は向上したとはいえ、実測値とは、若干の誤差があると認識されている。

 

本事業では、上記認識の下、平成8年度の1ヶ年でねじり振動計算における実測値との誤差についての技術見解とその根拠を集約し、報告書として取り纏めることを目的とした。

 

 

 

目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
681位
(31,497成果物中)

成果物アクセス数
14,286

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月12日

関連する他の成果物

1.新型式救命いかだの性能に関する調査研究報告書
2.「型式承認物件等の品質の改善・向上に関する調査研究」の報告書
3.海外における船用機器等の検査に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から