日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

現図システム運用マニュアル

 事業名 小型船造船所に適する省力化技術の調査研究
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


 

7 ランディングと外板展開

7.1

ボディラインが完成すると、外板展開・部品展開・その他諸展開の作業に移る。ランディングはこれらの作業を円滑に進めるため、欠かせない作業である。現尺現図で言えば、ラインの床おろしが完了し、側面・平面・正面にDECK SHEER & CAMBER LINE、TANK TOP等の、主要構造を墨打ちするのと同じ感覚である。こうしておけば、後の作業が楽になり、取り合いによる誤作を防ぐこともできる。

Autoshipでは、船体主要構造を面として定義することにより、互いにぶつかり合う面との交線や開元を求めることができる。たとえば、DECKにROUND SHEER・ROUND CAMBERのある船で、平面で斜めに走るGIRDERとの交線を求めるとき、手作業では次の手順で行われる。(図7.1)

076-1.gif

?@平面でGIRDERと各FRAME LINEとの交点の幅を、正面のFRAME CAMBERに投影し高さを求める。

?A平面からGIRDERの実長を求め、側面にFRAME SPACEを展開する。

?B正面で求まった高さを、側面の展開FRAME SPACEに投影し、交点を求める。

?Cそれぞれの交点を、フェアー・カーブで結ぶ。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
563位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
17,672

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.「小型船造船所に適する省力化技術の調査研究」の報告書
2.工事完成写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から