日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

現図システム運用マニュアル

 事業名 小型船造船所に適する省力化技術の調査研究
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


 

5.6 ステムとスターンの曲線の作成

線図(側面図)からStem(船首)とStem(船尾)の座標点を両端とその間10〜20個を任意に選びます。途中の円弧部分は円弧処理をして作成するのでその部分の座標値は円弧上の点を選ぶのではなく、円弧に入る前の2つの直線部分を仮に伸ばして交わった仮の交点の座標値を選びます。選択したら、[Create Curve(線作成)]ダイアログボックスのLofted(ロフト)モードの表に端から順に入力します。

ステム形状の線は、最終的には、半幅を持つステムボックスライン(箱線)を作成します。しかし、ステムボックスラインは、側面図では直線と円弧と自由曲線の組み合わせで作成され、正面図ではすべて自由曲線で作成されている特別な線になるため、現図レベルのモデル作成においては、図のように2つの面の交線として作成する方法が考えられます。そのほかにも、直接半幅を持ったステムボックスライン(箱線)を作成する方法も考えられます。ここでは、図のように2つの面の交線として作成する方法を説明します。

038-1.gif

まず、側面方向に正しい線として、ステムセンターライン[Stem CL]を作成します。

038-2.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
563位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
17,672

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.「小型船造船所に適する省力化技術の調査研究」の報告書
2.工事完成写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から