日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

現図システム運用マニュアル

 事業名 小型船造船所に適する省力化技術の調査研究
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


 

1 はじめに

造船の現図作業は、曲線や曲面を処理するため、他の業種に比べると特殊であり、熟練を要することは言うまでもない。難しい幾何学的処理とも言える現図展開を、悪条件の床上で人の技術と技能によって行われてきた。時代の流れと共に、その技術はコンピュータ化され、現図作業の形態が大きく変化した。高性能のパーソナル・コンピュータ時代を迎え、手軽に導入することが可能になった現在では、図形処理のソフトウエアも高性能のものが開発され、強力且つ便利なツールとなっているが、大切なのは、現図のツールとして効率的に使用する、ノウ・ハウと知恵である。しかし、コンピュータのアルゴリズムやソフトには限界があり、品質と工程において、本来の機能を発揮するには、現図技術者としての造船現図の技術の修得や、技能の向上に努める必要がある。先進する大型船造船所を除き、多くの小型船造船所が、現図技術者の高齢化と技術の継承の問題を抱えている中で、Autoshipを中心とした現図システムの構築を進めるに当り、役に立つシステムづくりを目標に、改良・開発を重ねてきた。現状での完成度はまだ十分とは言えないが、本書が現図技術者の手足になり、後継者の育成に少しでも役に立てば幸いである。

 

 

 

目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
563位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
17,672

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.「小型船造船所に適する省力化技術の調査研究」の報告書
2.工事完成写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から