日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

アルミニウム合金船建造技術指導書

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


 

 

資料4

高速船構造基準

第1章 総則

1.1 適用

1.1.1 適用船舶
この基準は鋼製又はアルミニウム合金製の高速船に適用する。ただし、この基準の第2章及び
第3章の規定は、船の長さ50m以下の単胴型の高速船に適用する。
1.1.2 小型の船舶
1.1.1にかかわらず、平水区域又は沿海区域を航行区域とする、登録長さ24m未満の鋼製及びアルミニウム合金製の高速船については、軽構造船暫定基準(昭和47年4月13目付け舶検第165号)によることができる。
1.1.3 特殊な船舶
この基準の第2章及び第3章の規定によりがたい又はよらない場合は、資料を添えて、首席船舶検査官に伺いでること。この場合、次の点に注意すること。
(1)船の長さが50mを超える高速船の場合にあっては、船体運動について検討の上、この基準又は「日本海事協会鋼船規則CS編」の規定によって差し支えない。
(2)双胴型の高速船の場合にあっては、連結部に生じる横曲げモーメント、振りモーメント及び横波による勇断力を考慮すること。
(3)直接強度計算を行う場合にあっては、以下の点に留意すること。なお、必要と認める場合には、海上試運転による検証を要求すること。
?@解析プログラム、構造モデル、荷重、許容応力等に関する資料を提出すること。
?A荷重は、原則として、第2章に規定する値を用いること。ただし、適当な不規則波海面の波スペクトル及び波浪統計を用いて、規則波中応答計算により、波浪荷重及び応力の推定を行っても差し支えない。
?B適当と認める場合には、座屈強度計算により車両甲板等の構造の評価を行なうことができる。
?C船体全体の弾塑性解析を行なう場合には、境界条件及び解析手法の妥当性のほか、工作精度、応力除去方法等に特別の考慮を払うこと。
1.2 定義
この基準において使用される用語の定義は次のとおりとする。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
99位
(30,316成果物中)

成果物アクセス数
125,259

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2018年12月15日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 艤装
8.通信教育造船科講座 船舶関係法規
9.通信教育造船科講座 船体工作法
10.通信教育造船科講座 工場管理
11.通信教育造船科講座 基本設計
12.通信教育造船科講座 船殻設計
13.通信教育造船科講座 船舶計算
14.造船現図指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から