日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

アルミニウム合金船建造技術指導書

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


 

4. 高速艇の波浪外力

4.1 波浪中における高速艇の運動
4.1.1 波
(1)風浪とうねり
強風域の中で、その強風によって起こされた波を「風浪」と呼び、発生域の外に伝播して行って「うねり」に変化する。
風浪は、個々の波が鋭い頂きをもった山脈と似た形をしている。頂きの長さ(尾根)は、それほど長くなく、頂きと頂きとの距離の2〜3倍しかない。個々の波は全てが同じ方向に並んでいるわけでもなく、不規則である。現在通過しつつある波の次に、どのような波が来るか予測することはできない。
一方、「うねり」は低くて丸い頂きを持っている。頂きの長さはかなり長く、少なくとも頂きと頂きとの距離の6〜7倍はある。「うねり」はかなり規則的で、高い波の次には高い波が続き、5〜6個同じ程度の波が連続する。したがって、「うねり」は短時間内では予測が可能であるが、長時間にわたっては風浪と同様に予測が不可能である。

100-1.gif

(2)波高の分布
一般の海洋波では、波高Hの統計的分布は、レイリー分布に近い。波高Hの統計的分布がレイリー分布で与えられる場合には、1/n最大波及び最高波を理論的に求めることができる。1/n最大波高Hl/、は、一連の数多くの波の中で波高の大きい方から全体の波の個数1/nだけを選び出して、それらの波高を平均した値を意味する。1/3最大波高を有する仮想的な波は有義波と呼ばれ、船乗りが海面を観察し、その海面の波高として報告する値に近く、その海面における基本的な波高と言われている。
平均波高H、有義波高H1/3及び1/10最大波高の間には下記の関係がある。

100-2.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
99位
(30,316成果物中)

成果物アクセス数
125,259

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2018年12月15日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 艤装
8.通信教育造船科講座 船舶関係法規
9.通信教育造船科講座 船体工作法
10.通信教育造船科講座 工場管理
11.通信教育造船科講座 基本設計
12.通信教育造船科講座 船殻設計
13.通信教育造船科講座 船舶計算
14.造船現図指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から