日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

アルミニウム合金船建造技術指導書

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


 

参考文献

1)中日本重工(株)神戸造船所:船舶用軽金属委員会第3回報告書、(1952−3)、98.
高山捷一、国本隆:軽金属、No.4、(1952−8)、135.
2)東京大学生産技術研究所:船舶用軽金属委員会第4回報告書、(1953−5)、144.
3)三菱造船?渇コ関造船所:船舶用軽金属委員会第5回報告書、(1954)、121.
4)R.A.Sie1ski:Naval Eng.J。、(1987)、May,165.
5)例えば、P.A.Lalangas and P.L.Yannlis :Soc.of Naval Architects and Marine Eng.,no.2、(1983−Nov.)、Annual Meet、、N.Y.
6)Det Norske Vertas:Type and Service C1ass Notation Light Craft、(1985)、
7)大隅三彦:船の科学、32(1979)、9,83.
8)軽金属溶接構造協会編:船舶・海洋とアルミニウム、(1990)、114.
9)金子幸雄、竹内勝治:軽金属溶接、29(1991)、474.
10)金子幸雄、笈川研一、松村洋明:船舶用軽金属委員会第20回報告書(昭和58〜60年)、((1986)、89.
11)浜口喜博:アルミニウム、2(1995)、122.
12)糸山直之:軽金属溶接、34(1996)、602及びスカイアルミニウム(株):同34(1996)。273参照
13)金子幸雄:長崎総合科学大学工学研究所報、No.5、(1989)、13、及び住友軽金属技報、30(1989)、41.
14)日本船舶標準協会:「舶用アルミニウム合金押出形材。」の新規規格原案に対する意見照会について、船標協第7−178号(1995−6−20)。
15)軽金属溶接構造協会編:船舶・海洋とアルミニウム、(1990)、91.
16)Y.Kaneko, K.Takeuchi and K.Aokage:FAST’93,Proc.of the 2nd Intern.Conf.cmFast Sea Transportation、〈1993)、449.
17)金子幸雄:長崎総合科学大学工学研究所所報、No.6、(1991−3)、13.
18)Hexcel Market Services:The basic on bonded sandwich const.、TBS 124,Rev.、(1992).
19)軽金属車両委員会:大型薄肉広幅形材用アルミニウム合金6N01−T5の疲れ強さ、(1988)、
1、日本鉄道車輌工業会、軽金属協会。
20)アルミニウム鋳物技術委員会編:アルミニウム合金鋳物の実体強さ、(1986)、47,69,95、軽金属協会。
21)軽金属車両委員会:軽金属車両委員会報告書No.4(昭和53〜58年)、(1984)、17、日本鉄道車輌工業会、軽金属協会。
22)軽金属車両委員会:鉄道車両用アルミニウム合金5086−H112の疲れ強さ、(1990)、日本鉄道車輌工業会、軽金属協会。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
99位
(30,263成果物中)

成果物アクセス数
123,635

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2018年10月13日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 艤装
8.通信教育造船科講座 船舶関係法規
9.通信教育造船科講座 船体工作法
10.通信教育造船科講座 工場管理
11.通信教育造船科講座 基本設計
12.通信教育造船科講座 船殻設計
13.通信教育造船科講座 船舶計算
14.造船現図指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から