日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

アルミニウム合金船建造技術指導書

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


 

(3)ブラインドリベットブラインドリベットは、薄板同士、或いは、薄板と押出形材の締結に使用され、片側作業で行う。リベット径は3.2mm、4.0mm,4.8mm及び6.8mmが標準で、丸頭、皿頭、シールドタイプのものがある。使用する場合には、スリーブ(リベット)とマンドレルの材質に注意を要する。各種の材質のものが市販されているので、5000系合金(5052又は5154合金)製を選ばないと、接触腐食を生じることがある。締結工具(リベッター)には手動式、電動式、エヤー駆動式とがある。図3.21に示すように、下孔にブラインドリベットを装入し、締結工具でマンドレルを引っ張ることによって打鋲が完了し、その際にマンドレルは破断除去される。

 

057-1.gif

図3.21 ブラインドリベットの取り付け工程

 

3.2 アルミニウム合金材料規格

3.2.1 アルミニウム合金一般
(1)区分と呼称アルミニウム合金は、その製造方法によって板・形材・管・棒・線・鍛造晶等の展伸材と、金型・砂型鋳物及びダイカスト等の鋳物材があり、それぞれ主要添加元素(合金系)によって非熱処理型合金と熱処理型合金とに分けられる。表3.24は、合金の区分と呼称である。展伸材は、純アルミニウムの1000系から航空機や鉄道車両の構造材料として用いられる7000系までの7合金系があり、また、鋳物材は6合金系が実用に供されている。
JIS規格では、個々のアルミニウム合金について次の例に示すような表示で、呼称を付けている。
展伸材非熱処理型合金例 A5083P−H32
展伸材熱処理型合金例 A6N01S−T5
鋳物材非熱処理型合金例 AC7A−F
展伸材の場合、最初の記号Aはアルミニウム合金であることを示し、続く4桁の数字は合金呼称(分類)、その次の記号は表3.25に示す製品形状の区別である。ハイフンに続くH、T等

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
99位
(30,263成果物中)

成果物アクセス数
123,635

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2018年10月13日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 艤装
8.通信教育造船科講座 船舶関係法規
9.通信教育造船科講座 船体工作法
10.通信教育造船科講座 工場管理
11.通信教育造船科講座 基本設計
12.通信教育造船科講座 船殻設計
13.通信教育造船科講座 船舶計算
14.造船現図指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から