日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 船舶計算

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


 

3.3 プロペラ設計図表の使い方

船のプロペラを設計する主な方法には、大別してサーキュレーション理論等に基づく設計方法と水槽試験による模型プロペラの系統的単独試験の結果から導かれた設計図表を利用する方法の二つがある。
前者の方法は計算がめんどうなこともあり、特殊な場合を除いては、後者の設計図表を利用する方法が広く実用されている。
これらの設計図表から求めたプロペラの計算結果は、厳密には、それぞれの設計図表の基礎となった系統的模型プロペラと、形状が相似のプロペラについてのみ、あてはまるものであるが、実際にプロペラを設計する場合には、いろいろな事情のために、これらの特定の形状を、そのまま採用することが困難な場合が多い。
たとえば、プロペラの翼面標、翼輪郭、翼厚、翼断面の形状などは、効率ばかりでなく翼の強度、キャビテーション発生の防止などを考慮して決められるし、またボス比の値は1体式プロペラか組立型プロペラかによって著しく異なる。
これらの項目のうち、あるものは設計図表から読みとった値に対して若干の影響を与え、またあるものはほとんど影響を与えない。
翼面積、翼厚、ボス比、翼新面の形状などは、前者に属する項目で、翼輪郭の形状、翼の傾斜などは設計図表から求めた値にほとんど影響を与えない項目である。
(1)BP〜δ型設計図表とその使用方法
一般に広く使用されているプロペラ設計図表には、AU型図表、トルースト図表、テーラー図表などがある。
プロペラの設計は、主として伝達馬力(DHP)に基づいて行なわれるのが普通で、トルク系表現が多く採用されている。

146-1.gif

ここで、
N=実船のプロペラ毎分回転数

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
10位
(29,202成果物中)

成果物アクセス数
558,546

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年10月14日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 艤装
8.通信教育造船科講座 船舶関係法規
9.通信教育造船科講座 船体工作法
10.通信教育造船科講座 工場管理
11.通信教育造船科講座 基本設計
12.通信教育造船科講座 船殻設計
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から