日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 船舶計算

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


 

第3章 船の推進

3.1 船体とプロペラの相互関係

船は、プロペラを船後にとりつけて、回転させることにより航走できる。このとき、プロペラと船体は、それぞれが単独に作用している状態 つまり、プロペラだけが作動している場合とか、
船体だけを引っぱる場合とは違った性能を示す。
軸体からみれば、船体のうしろで回転するプロペラがあるため、プロペラがついていないときにくらべて、船体を同じ速力で進めるのに必要な力の大きさが変わってくる。また、プロペラの方からみると、プロペラの直前に船体があるため、プロペラのところに流れてくる水の流れの様子が、船体がないプロペラ単独の場合の水の流れの様子とくらべて変化してプロペラの性能にも変化を生ずる。
このようなことを、これから順を追って調べてみよう。
(1)船体がプロペラにおよぼす影響
プロペラの前に船体があると、プロペラに流入してくる水の速度υAの値は、水の粘性とか、船体がおこした波とか、船体が一つの形状をもっているため等の理由から、そのときの船の速度υの値より小さいのが普通である。
つまり、プロペラの前進速度υAは、船速υより、υ−υA=υWだけ遅くなる。このVWを船の伴流の速度といい、船が航走しているとき、プロペラの位置で船に伴って、船の進行方向に向かって流れる水の速度である。

132-1.gif

すなわち、プロペラの前に船体があることにより、プロペラの対水速度は、船速の(1−W)倍となる。
伴流係数wの値は、主としてプロペラの前にある船の形によって左右される。
この伴流係数wの値を求める方法には、模型船の水槽試験による方法、従来の多くの資料を整理して作成した推定図表、または、略算式による方法等がある。
図3.1は、推定図表の1例で、ハーバルドの図表といわれているものである。
ハーバルドは、1軸船および2軸船に対して伴流係数wと次項に説明するスラスト減少係数tの推定図表を与え、1軸船型に対しては、wもtも船の幅−長さ比(B/L)と方形係数(CB)とによって、その値を読みとるようになっている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
10位
(28,901成果物中)

成果物アクセス数
542,624

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年6月10日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 艤装
8.通信教育造船科講座 船舶関係法規
9.通信教育造船科講座 船体工作法
10.通信教育造船科講座 工場管理
11.通信教育造船科講座 基本設計
12.通信教育造船科講座 船殻設計
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から