日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 船舶計算

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


 

普通の船型では、船首波と船尾波が合成されたものと考え、この合成波は船首波の山と船尾波の山、船首波の谷と船尾波の谷がかさなったときに最も大きな波となり、山と谷、谷と山がかさなったときに最も小さな波となる。この合成波の大きいということは造波抵抗の大きいことを意味し、同様に合成波の小さいということは造波抵抗の小さいことを意味する。したがって造波抵抗の速度に対する曲線は、速度の変化に応じて船首波、船尾波の干渉状態こよってできる山と谷をもった波状となる。
(1) 造波抵抗係数

082-1.gif

船の初期設計において常用速力を、造波抵抗係数曲線の谷の付近のフルード数となるように計画する必要がある。
(2) 模型船による水槽試験
フルード数が一定であっても、船の造波抵抗の大きさは船型によって様々に変化する。
造波抵抗を求めるには、理論による方法と、模型船による水槽試験を利用する方法とがある。理論計算だけで任意の船型の造波抵抗を求めることは、まだ、実用の段階にいたっていない。したがって、現在では水槽試験によって造波抵抗を求める方法が最も確実である。しかし、造波抵抗理論を基礎として、数多くの水槽試験結果について統計的な処理を行って求める方法も工夫されており、この方法によれば、比数的やせ型の船型に対し、かなり精度のよい造波抵抗を推定することができる。
水槽によって、模型船の抵抗試験を行ない、模型船のワールド数に対し造波抵抗係数を求め、「幾何学的に相似な船型は、同一フルード数における造波抵抗係数の値は相等しい」というフルードの相似則により、実船のフルード数に対する造波抵抗係数の関係が得られる。
また、模型船の抵抗試験で、造波抵抗が生じない極めて低速の部分で計測した抵抗(粘性抵抗)と計算で求められる模型船の相等平板の摩擦抵抗より、この船型の形状影響係数が、同時

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
9位
(31,210成果物中)

成果物アクセス数
645,904

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年6月22日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 艤装
8.通信教育造船科講座 船舶関係法規
9.通信教育造船科講座 船体工作法
10.通信教育造船科講座 工場管理
11.通信教育造船科講座 基本設計
12.通信教育造船科講座 船殻設計
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から