日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 船舶計算

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


 

前記の抵抗のうち、形状抵抗と造波抵抗を合せで、剰余抵抗と呼んでいる。この剰余抵抗を、古い文献等では、造波抵抗と称している場合があるから、古い文献を利用するときは、注意する必要がある。
モーターボートのような高速船では、水抵抗として、上記3つの抵抗のほかに、水が飛沫を形成するための抵抗が、さらに加わる。
これを飛沫抵抗という。本書では、普通の商船の場合について考えることにして、この飛沫抵抗について考えねばならぬような船は除くことにする。
普通の船型を有する船が、風や波のない水面のなめらかな平水中を航走するとき受ける全抵抗は、次のように分けて考えることができる。
全抵抗=摩擦抵抗+形状抵抗+造波抵抗+空気抵抗
=粘性抵抗+造波抵抗+空気抵抗
または、
全抵抗=摩擦抵抗+剰余抵抗+空気抵抗
しかし、実用上空気抵抗を別に考えることにすれば、
水抵抗=摩擦抵抗+剰余抵抗
または
水抵抗=粘性抵抗+造波抵抗
=摩擦抵抗+形状抵抗+造波抵抗
となる。

1.2 粘性抵抗

(1) 摩擦抵抗
船体の表面と水とが擦れ合って生ずる抵抗である。普通、この摩擦抵抗を、RFという記号で表わし、単位として「kg」または、「トン」を用いる。
船体表面は、三次元の曲面をもち、前後方向にも、深さ方向にも曲っている。このため船体の摩擦抵抗を、多種多様に変化している船型と直接結びつけて考えることは、非常に難しい。そこで、次のような「相等平板」という平板を仮想して、船体の摩擦抵抗を簡単に求めようと考えた。
この「相等平板」とは、その長さが船の喫水線上の長さ(LWL)に等しく、かつ、その浸水面積(S)は、船体の浸水表面積に等しいような平板のことである。
古くから、船体の摩擦抵抗は、この「相等平板」の摩擦抵抗に等しいと考えられてきた。
次に述べる種々の摩擦抵抗算式は、このような「相等平仮」に対応する船体の摩擦抵抗を与

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
10位
(28,844成果物中)

成果物アクセス数
539,122

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年5月20日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 艤装
8.通信教育造船科講座 船舶関係法規
9.通信教育造船科講座 船体工作法
10.通信教育造船科講座 工場管理
11.通信教育造船科講座 基本設計
12.通信教育造船科講座 船殻設計
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から