日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 基本設計

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


 

3.4 諸試験

諸試験としては、完成後性能を確認するための諸試験と、建造中に法規又は船級協会の規則によって行わなければならない試験とがあるが、ここでは主として基本設計に関係する性能を確認するためのものを、一般に岸壁で行う傾斜及び動揺試験と海上試運転で行う試験とに大別して詳述する。
なお、海上試運転方案と海上試運転成績表の様式については、学習指導書に学習・用資料として記載してあるので参照されたい。
3.4.1 傾斜試験及び動揺試験
(1)傾斜試験及び動揺試験
(a)概要
本船の完成時における重量重心、載荷重量及びに動揺周期の算定を行うために必要な事項を測定する。
(b)要領
傾斜試験は、移動重量物を横方向に移動させることにより船を横傾斜させて行い、動揺試験は人の移動その他の方法により船を横揺れさせて行う。下げ振り計測回次は5回、試験用重量の移動は4回でFIG.2の順序に行う。傾斜試験終了後、引き続き動揺周期の測定を4回行う。
試験開始前に準備すべきもの及び試験関係は下記の通りである。
試験用器材:
試験用移動重量(※)、下げ振り及び水槽(2)、伝馬船(1)、測深用鋼製巻
尺(1)、鋼製巻尺(1)、吃水計(1)、比重計(1)、比重測定容器(1)、風速計(1)、寒暖計(1)、砂時計(2)、ゼンマイ秤(2)、折尺(3)、バケツ(1)、白墨メガホン又は笛(1)、懐中電灯(3)、ボロ布、算盤(3)、線図、排水量等曲線図、一般配置図、機関室全体配置図、容積図、諸タンク容量曲線、測深尺又は測深表、試験当時の記事記録用紙、下げ振り移動距離記録用紙、方眼紙。
(注)
( )内数字は数量を示す。
(※)(2)傾斜斜試験用移動重量の決め方参照

138-1.gif

FIG.1試験用移動重量及び下げ振り配置図(一例)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
24位
(35,367成果物中)

成果物アクセス数
327,372

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年12月3日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 工場管理
2.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
3.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
4.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
6.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
7.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
8.通信教育造船科講座 艤装
9.通信教育造船科講座 船舶関係法規
10.通信教育造船科講座 船体工作法
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から