日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 基本設計

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


 

(2)Diagonal line(ダイアゴナルライン)及びBilge Keel line(ビルジキールライン)
Diagonal lineとは、第3−34図に示すようにBody planに描いた斜線(斜載線ともいう)のことである。
最近、船型についての研究開発が非常に進み線図設計に関する資料も豊富になっている。
Prismatic curveを基として線図設計を行う現在ではDiagonal lineは線図作成には特に必要はない。しいて言えばFainingの手段としてBody planの必要と思われる個所に任意のDiagonal lineを描き、これをHalf breadth planに展開してその展開した線のFairを確かめる。また別にBilge keel lineと兼用してBilge keelの形状を求めることもできる。

123-1.gif

第3−34図

 

3.1.12 バッテンと爪文鎮の使い芳
バッテン(撓(しな)い定規)は市販されているプラスチック製、プラスチックに鉛の棒を添わせた学生や素人向きのものと、4.2.6の(2)項(C)6に示すように長さ、幅、厚さを指定して作らせた専門家用とがある。専門家用のバッテンは、1本2本と半端に注文すると驚く程単価が高くなるので、同一寸法を10本づつ製図用具専門店に特注する。「あららぎ」材を使用し、バッテン側面の長手方向に平行な細かい柾目が現れるように作らせると反ったり混じれたりしない。
なお、保管するには狂いがでないよう数本重ねて、ゴム・バンドで束ねて筒に入れ垂直に立て掛けるか、又は吊るして置く。
長期間保管する時は、家具用の油をしみ込ませ、油紙で包んで置くと、30年経っても、樹脂がなくなって曲げた時にボキボキ折れるようなことはない。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
24位
(35,367成果物中)

成果物アクセス数
327,372

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年12月3日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 工場管理
2.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
3.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
4.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
6.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
7.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
8.通信教育造船科講座 艤装
9.通信教育造船科講座 船舶関係法規
10.通信教育造船科講座 船体工作法
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から