日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 基本設計

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


 

3.1 線図及び船体寸法表

線図及び船体寸法表は総トン教、載貨重量に係わりを持ち、復原・推進・操縦・耐航の諸性能の良否を左右する基本設計上、最も重視すべき図面であり、かつ、一般配置・中央切断・排水量等曲線・総トン数計算書・容積図・復原力交叉曲線・肋骨正面線図・鋼材配置・外板展開・機関室全体配置等は本図を基にして作成される故に、設計途中における線図の修正は、設計全般の手直しとなり、その影響は甚夫である。
従って、概略一般配置・概略正面線図・主要項目ができた時点で諸検討並びに船主との打合せを入念に行った後、慎重に万全を期して線図作成に着手すること、早計に他の図面の作成を急いではならない。
下記の順序で初心者にも分かるよう平易に線図及び船体寸法表について詳述する。
3.1.1 線図及び船体寸法表に関する用語
3.1.2 シャー、キャンバー、甲板舷側線と中心線
3.1.3 着手前の準備
3.1.4 プリズマチック曲線
3.1.5 概略正面線図の作図(過程?T)
3.1.6 フェアリング(FAIRING)
3.1.7 概略正面線図の作図(過程?U)
3.1.8 線図及び船体寸法表の作図(過程?T)
3.1.9 線図及び船体寸法表の作図(過程?U)
3.1.10 線図及び船体寸法表の作図(過程?V)
3.1.11 作図に関するアドバイス
3.1.12 バッテンと爪文鎮の使い方
3.1.1 線図及び船体寸法表に関する用語
英名〔略号〕及び都名、必要なものには説明を付けた。
LINES AND OFFSETS TABLE 線図及び船体寸法表

073-1.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
24位
(35,367成果物中)

成果物アクセス数
327,372

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年12月3日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 工場管理
2.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
3.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
4.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
6.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
7.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
8.通信教育造船科講座 艤装
9.通信教育造船科講座 船舶関係法規
10.通信教育造船科講座 船体工作法
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から