日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 基本設計

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


 

2.6.5 旅客船
(1)貨物船に比し特に人命尊重の見地から適用される法規が多いので、慎重に検討し万全を期する必要がある。
(2)上部構造が大きくなりがちであり、重心が上昇しやすいので、この点には特に注意すること。
(3)風圧側面積か大きいので、復原性・操縦性に対する配慮が必要である。
(4)旅客船の復原性基準に合格させるためには、総トン数の5%程度の重量を限度として、固定バラストを搭載する。
(5)比較的大馬力の主機を搭載するため、振動および騒音防止に留意する。
(6)冷・暖房装置とそのダクトの位置については、設計の初期に検討しておく。
(7)採光・通風・交通等の諸装置については細心の注意を払うこと。

 

2.6.6 自動車渡船(カーフェリー)
(1)L.B及び車両区域の甲板間の高さは主として、搭載すべき車種と台数により、Dは主機関の寸法により決められる。
(2)船首・尾の喫水付近のAwは、車両乗下船時のトリムとヒールを考慮してなるべく大きくとる。
(3)発着場所の情況によりランプドアーの寸法、乾玄、玄弧等を決定する。
(4)車両甲板の梁矢は船の幅の1/75〜1/100程度で、玄弧も他船より小さい。
(5)車両甲板下に客室を配置することはできない。
(6)自動車渡船構造基準に適合するものとする。
(7)車両及び旅客の乗下船時における安全、消防設備、車両区城の通風等については特に考慮を払うこと。
(8)「カーフェリーの安全対策の強化について(昭和48年7月10日付舶査第367号)」及び「その取り扱い等について(昭和48年9月21日付舶査第481号)」に適合するよう安全性の確保には、特別な配慮が必要である。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
24位
(35,367成果物中)

成果物アクセス数
327,372

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年12月3日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 工場管理
2.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
3.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
4.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
6.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
7.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
8.通信教育造船科講座 艤装
9.通信教育造船科講座 船舶関係法規
10.通信教育造船科講座 船体工作法
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から