日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 基本設計

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


 

考慮して決定する。
(6)水線形状
中小型船は穂原性の要求か優先することか多いが、船首・船尾とも水線形状はストレートが望ましい。
プロペラの前方は、プロペラに流れこむ極端な不均一流を生じないような形状とする。
(7)肋骨線形状(フレームライン形状)
肋骨線形状に関し抵抗の見地からは一般に船首部分は比較的U型断面が、船尾部分は比較的V型断面が有利である。しかしながら具体的に、肋骨鍵形状の長良のものを決定することは容易でなく、豊富な資料と経験とにまたなければならない。たとえばV型の船尾断面は抵抗上は有利であるが、1軸船の場合にはむしろこれより若干抵抗の大きいV、U中間型が推進性能上有利となる場合が多い。
中小型船の船型は、一般にV型になる傾向が強い。この傾向、小型船になる程は次はだしい。これは甲板味面積を十分確保するためと、復原性能上よりCwを大きくするためである。プロペラ付近の肋骨線形状はU型とすることが推進性能上望ましい。
(8)ビルジキール及び舵
ビルジキールは、流線を考慮して取付ける。
舵の断面形状は、保針性の面より決めることが望ましい。
(9)その他
シャフトブラケット、ボッシング、サイドスラスター等については、取付位置、形状によって推進性能に相当影響を生じるから、その選定には注意を要する。よく設計された船型ならば、満載状態でトリム零の場合が最も推進性能良好で、軽荷状態に対しては適当なプロペラ深度を与えるため、一般に2〜3%L船尾トリムを与えた場合が最適となる。
2.2.3 復原性能
船は風や波又は旋回等による外部からの横方向の偶力に反応しやすいので、その種類、用途に応じ十分な復原力を持たせる必要がある。しかし、復原力を過大にすると、船の横揺れ固有周期が小さくなり乗心地を悪くし、荷くずれ等を起こす恐れがあるので横揺れ性能も考慮に入れて決定する。
復原性に対し影響を与える船型諸元は次のとおりである。
(1)静的複原力に及ぼす幅の影響
幅を増加するとBMは増し、KGを一定とすれば、GMが増すことから、幅を増加することは、復原力を増す有効な手段と考えられる。ただし、海水流入角は小さくなるので、開口

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
24位
(35,367成果物中)

成果物アクセス数
327,372

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年12月3日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 工場管理
2.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
3.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
4.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
6.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
7.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
8.通信教育造船科講座 艤装
9.通信教育造船科講座 船舶関係法規
10.通信教育造船科講座 船体工作法
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から