日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 基本設計

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


 

2.2.2 抵抗推進性能
与えられた主要寸法、諸係数を満足する船型には多くの変化があり、そのうちから最良のものを選定することは非常にむずかしいことであるが、浮心位置、プリズマチックカーブ、船首・尾形状・水線形状及び肋骨線形状(フレーム・ライン形状)等による抵抗推進への影響について船型選定の要点を挙げると次のとおりである。
(1)浮心位置

022-1.gif

(2)プリスマチックカーブ(Cp曲線)
プリズマチックカーブは、Cpとlcbによって左右され、選択範囲も広く、一般配置からの制約も受けるから、推進性能面からのみで形状を選定できない場合もあり、侍に小型船になるほどその制約を受けやすい。
中小型船に常用される速度範囲でのプりズマチックカーブの形状は、推進性能の面からみればなるべく排水量を中央に集めて、カーブの前後をふくらませない傾向が望ましい。いいかえればCMを大きくし、Cpを小さくすることであるが、大きなDWやCwを要求される船種では不可能なことである。特に自動車渡船では車両甲板を広くし、かつ車両案下船時のトリムを小さくするためCpとCwは小型船になる程できる限り大きくする必要がある。
(3)船首形状
一般に傾斜型が多く採用され、船首の水線上の突出量と船首部肋骨線形状にマッチした曲率をもたせる。肋骨線形状は就航海域と気象・海象を十分寺庫して決定する必要がある。沿海区域を航行する船では満載状態で水線上船首部の高さ2.5m程度といわれている。
(4)中央部形状
CMの大小はCp曲線の形状に直接関係し、排水量の前後方向の分布状態に影響される。CMの値が一定でもビルジサークル・ライズオブフロアの量によって中央部形状が変る。
(5)船尾形状
船尾形状は、船尾の突出量、プロベラと船体との間際、船体振動、追波に対する凌波性を

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
24位
(35,327成果物中)

成果物アクセス数
326,801

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年11月26日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 工場管理
2.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
3.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
4.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
6.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
7.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
8.通信教育造船科講座 艤装
9.通信教育造船科講座 船舶関係法規
10.通信教育造船科講座 船体工作法
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から