日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 基本設計

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


 

主要寸法・要目等の決定までの手法に一定の方式はない。
設計段階で決定すべき事項には、
主要寸法、機関、一般配置、重量、排水量、諸係数、総トン数、プリズマテッタカーブ及び水線面形状、線図、タンク容積、貨物倉容積、復原性能、乾げん、推進抵抗、構造等があり、これらの事項は相互に関連がある、したがって、他に影響を及ぼすことの大きいものを、まず想定し、これによって他のいくつかの項目がきまれば、さきの想定値を再検討し、必要があれば修正し、順次その範囲を拡げて全頃日に及ぼす、いわゆるトライアル・アント・エラーの方法がとられる。
したがって想定、検討、決定の三つの設計段階に分けることができる。
1.3.1 一般的注意事項
(1)基本設計の初期段階での巧拙は、その後の作葉の進展に重大な影響を及ぼすので、整備された類型船の資料と適切な技術的判断とをもって設計責任者みずからがこれを行うべきである。
(2)信頼できる資料は、自分のところで設計し産道した船舶のデーターが基本であり、一般にあるデーターの平均値を無条件に使用することは危険で、責科の見方、使い方には設計者の適正な判断が必要である。
(3)基本設計は船価・工程等に影響を及ぼす生産面に対する考慮をしながら、設計者の豊かな知識・経験を基盤として総合的・大局的な判断のもとに行わなければならない。
(4)一般に設計者の意志を具体的に表現したものが設計図であり、いかに複雑な図面でも設計者の意志を示したものでなければ、単なる製図であって、設計図ではない。この観点からすれば、船主の要求事項については、あらゆる努力を払って希望の達成を計ることは当然であるが、設計者として、どうしても了承できない事項については、船主に設計者としての技術的見解を説明し、お互に了解できる線に達するまで十分協議すべきであって、安易な妥協は厳に慎しまなければならない。

 

練習問題

第1章
1. 基本設計は基本計画とも呼ばれ、船舶の( )目的を十分に満足させ、経済性と安全とを両立させるうな船舶の基本諸元をうるとともに、船舶の( )・( )・船価に対する基本的な( )方針を具体的に、主要目・基本設計図・( )などにより表現することである。
2. 設計者の意志を( )的に( )したものが設計図であり、いかに複雑な図面でも設計者の( )を示したものでなければ、単なる( )であって、( )ではない。
3. 基本設計に不可欠な基本項目を挙げなさい。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
24位
(35,367成果物中)

成果物アクセス数
327,372

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年12月3日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 工場管理
2.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
3.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
4.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
6.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
7.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
8.通信教育造船科講座 艤装
9.通信教育造船科講座 船舶関係法規
10.通信教育造船科講座 船体工作法
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から