日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 船体工作法

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


付録

 

アルミニウム合金の溶接  

 最近アルミニウム合金の需要が非常に伸びてきたが、船舶においても、上部構造を始めとして、タンクの材科等に広く用いられるようになってきた。従って、アルミニウムの溶接を中心として、一般的性質等も、ここでまとめて述べる。  

 ○アルミニウム合金の一般的性質  

  アルミニウムの合金は比重が2.7前後で鉄の約1/3という軽さであり、鋼と異なり、低温においても材料の強度が落ちない。また合金元素にもよるが、表面に硬い酸化皮膜を作り、乾燥した適当な状態に保たれれば、常に銀白色のきれいな表面を保持するという、すぐれた性質がある。  

  船舶用として使用されるアルミニウム合金は、海水に対して腐食に強い、即ち、耐海水性を要求されるためマグネシウムを合金主元素とするAl(アルミニウム)-Mg(マグネシウム)系の合金である。種類としては、下記の3種類がある。  

270-1.gif  

 アルミニウム合金には、溶接に対して、厄介な性質があるのは、融点が600℃前後と比較的低いにもかかわらず、表面についている酸化皮膜が2000℃強という高い溶融点をもっていることである。このことは、酸化皮膜がとり除かれないうちに、その下の母材が先にとけてしまうということで、溶接をうまくやるためには、いかにしてこの酸化皮膜をとり除くかということにある。またアルミニウム合金は、腐食に対しては、水と、他の金属との接触によるものを注意しなければならない。水による腐食としては、表面の硬い酸化皮膜が水により水酸化物になり、ところどころ皮膜が破壊され、白色状の腐食が始まる。接触による腐食とは、鉄や鋼等と接触すると、一種の電池となって、腐食が進行する。従って、鋼船の船体とアルミニウムを直接、結合することはさけなければならない。通常、電気的な絶縁を施したパッキング材を間に入れ、同様に、絶縁塗装したリベット等で結合する。また、コンクリートに直接接触させることもいけない。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
4位
(29,137成果物中)

成果物アクセス数
1,106,717

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年9月23日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 艤装
8.通信教育造船科講座 船舶関係法規
9.通信教育造船科講座 工場管理
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から