日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 船体工作法

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


 

213-1.gif

(2)開先の形状  

 開先の形状は、それぞれの工場で、承認試験を受けて、認定されるものであるが、ここでは、標準的開先形状の例を示そう。第5.1表に示すように突き合わせ接手では、手溶接の場合  

   板厚1.6mm〜3.2mm はI型  

   板厚4.5mm〜19mm はV型  

   板厚 12mm〜    X型  

が適当であろう。ただし溶接姿勢の関係で25?o位までV型は使用されることもある。サブマージアーク溶接では、I型の範囲は板厚14m位迄可能である。炭酸ガス溶接も溶け込みが深いので、14?o位の板厚迄I型が可能である。  

 手溶接のI型では、板厚が厚くなってくると、底部間隙2?o程度あけなければ、融合不良になる可能性がある。V型の開先は普通50角度〜60角度であるが、棒径と融け込みを考えれば。、60角度としておいた方が良いであろう。X型の開先は、第4章でも述べた理由から7:3の割合が良いであろう。開先角度、及び寸法は第5・4表を参照のこと。  

5.2.2 溶接強度の計算法  

(1)のど県の計算法  

第5・8図のごとく、突き合せ接手の場合ののど厚は薄い方の板厚となる。隅肉溶接の場合は、脚長の斜辺に対して垂線を立て、その長さとなる。この場合いづれも余盛の分は計算に算入しない。余盛は何らかの溶接欠陥のおぎないと考える。隅肉接手が実際に破断するときは、のど厚を計算する45角度の面ではなく、少しずれたところから剪断で切れる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
4位
(28,694成果物中)

成果物アクセス数
1,064,621

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年4月22日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 艤装
8.通信教育造船科講座 船舶関係法規
9.通信教育造船科講座 工場管理
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から