日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 船体工作法

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


先に述べたように、普通の軟鋼では熱影響部の硬度が大きいと、ビードの下割れだとかトウクラックの原因となる。この硬度は540℃を通過するときの冷却速度によって決まるといわれているから、もし、この種のワレの欠陥が起きるときには、予熱をしたり、後熱をしたりして540℃を通過するときの冷却速度をゆるやかにすることも割れの防止に効果的である。

第4・4図において、溶着金属部の境界をボンドと呼ぶが、このボンドから変色しているところまでを熱影響部という。この熱影響部は、溶接のアーク熱によって温度が723℃以上に上り、冷却を受けた部分であり、一種の焼き入れ現象を起こしており、硬度が上っている。

第4・5図は、普通の軟鋼ではなく、高張力鋼(HT52)の溶接ビード付近の硬度分布図であり、熱影響部は、母材よりも数段高い硬度となっている。

熱影響部より外ではA1変態点723℃以上に熱せられることがなかったのであるから、組織上の変化はみとめられないが、衝撃値が低下していることが、実験の結果わかったのでこの部分を脆化領域と呼んでいる。脆化領域の範囲は普通溶接線から25mm〜50mm位はなれたところにあるが、第4・6図は、サブマージドアーク溶接を行った突き合わせ溶接について計測したものである。

192-1.gif

4.1.3 冷却速度に及ぼす要素

(1) 予熱、後熱

板厚が大きい程冷却速度は大である。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
4位
(29,236成果物中)

成果物アクセス数
1,117,722

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年11月18日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 艤装
8.通信教育造船科講座 船舶関係法規
9.通信教育造船科講座 工場管理
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から