日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 船体工作法

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


165-1.gif

溶接条件を一定にすれば、溶接工の技量の差による品質のバラツキは少なく、常に安定した品質を得ることができる。

しかし一方、機械的に行うものであるだけに、開先の微妙な変化に対しては即応することがむつかしく、特に間隔が大きすぎると、溶接の溶け落ちが出て、中断されることにもなる。この溶接法が普及したかげには、長い切断線を高精度に切断する、フレーム・プレーナ等のガス切断機の設置があった。従ってフレーム・プレーナ等の機械がないときに、サブマージド溶接機を使用するには、手溶接と併用した、シールドウエルド方式等を使用する必要がある。

また、この溶接は非常に高能率であるが、通常、下向き、横向きにしか利用できず、設備費が高いことや、短い溶接線には、段取替えに時間がかかる等の点があるために、採用にあたっては、十分に、その使用範囲を検討した上で、決める必要がある。

なお最近は、この溶接法を使用して裏面に銅のあて金等を設置し片面のみから溶接を完了させる片面自動溶接法も使用されている。

2.2.3 MIG・TIG溶接

シールドガスにイナートガス(ヘリウム、アルゴン等の不活性ガス)を使用する方式である。不活性ガスは高温でも金属と化合しない極めて安定なガスであるために、この雰囲気中で溶接すれば、溶着部には非常に健全な金属を得られる。この方式には電極が溶ける溶極式のMIG溶接第2・5図と、電極にタングステンを用い別にガス溶接のように添加俸を加える非溶極式のTIG溶接第2・6図がある。

この溶接法は極めてすぐれた溶接法であるが、装置の価格が大きいことと、不活性ガスの費

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
4位
(28,943成果物中)

成果物アクセス数
1,089,005

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年7月8日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 艤装
8.通信教育造船科講座 船舶関係法規
9.通信教育造船科講座 工場管理
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から